COBOL/MOVEステートメント

NO IMAGE
【一般的な記述】
 
MOVE 【項目名1・リテラル】TO 項目名2
 
以下は、MOVE(移送命令)を使用したプログラムの例です。
 
【サンプルプログラム】
 
IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SAMPLE03.
*MOVE(移送命令)
*
ENVIRONMENT DIVISION.
*
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
*
01  WK-YMD.
03  WK-YY PIC X(02).
03  WK-MM PIC X(02).
03  WK-DD PIC X(02).
01  WK-OUT.
03  WK-OUT-YY PIC X(02).
03  FILLER    PIC X(02) VALUE “年”.
03  WK-OUT-MM PIC X(02).
03  FILLER    PIC X(02) VALUE “月”.
03  WK-OUT-DD PIC X(02).
03  FILLER    PIC X(02) VALUE “日”.
PROCEDURE DIVISION.
MAIN.
ACCEPT WK-YMD FROM DATE.
MOVE   WK-YY  TO   WK-OUT-YY.
MOVE   WK-MM  TO   WK-OUT-MM.
MOVE   WK-DD  TO   WK-OUT-DD.
DISPLAY “取得した年月日は” WK-OUT “です。”
STOP RUN.
 
【解説】
 
2016年01月01日に、このプログラムを実行すると以下のようになります。
「ACCEPT WK-YMD FROM DATE.」を実行すると、WK-YMDの内容は160101になります。
 
西暦の年は、2016年だと16となります。
 
従ってWK-YYの内容は16、WK-MMは01、WK-DDは01となります。
 
「MOVE   WK-YY  TO   WK-OUT-YY.」はWK-YYの内容をWK-OUT-YYに移送する命令です。
 
「MOVE   WK-MM  TO   WK-OUT-MM.」はWK-MMの内容をWK-OUT-MMに移送する命令です。
 
「MOVE   WK-DD  TO   WK-OUT-DD.」はWK-DDの内容をWK-OUT-DDに移送する命令です。
 
「MOVE   WK-YY  TO   WK-OUT-YY.」を実行するとWK-OUT-YYの内容は16になります。
 
「MOVE   WK-MM  TO   WK-OUT-MM.」を実行するとWK-OUT-MMの内容は01になります。
 
「MOVE   WK-DD  TO   WK-OUT-DD.」を実行するとWK-OUT-DDの内容は01になります。
 
「DISPLAY “取得した年月日は” WK-OUT “です。”」を実行すると次のように表示されます。
 
取得した年月日は16年01月01日です。

COBOLカテゴリの最新記事

Translate »