COBOL/MOVEステートメント


【一般的な記述】
 
MOVE 【項目名1・リテラル】TO 項目名2
 
以下は、MOVE(移送命令)を使用したプログラムの例です。
 
【サンプルプログラム】
 
IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SAMPLE03.
*MOVE(移送命令)
*
ENVIRONMENT DIVISION.
*
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
*
01  WK-YMD.
03  WK-YY PIC X(02).
03  WK-MM PIC X(02).
03  WK-DD PIC X(02).
01  WK-OUT.
03  WK-OUT-YY PIC X(02).
03  FILLER    PIC X(02) VALUE “年”.
03  WK-OUT-MM PIC X(02).
03  FILLER    PIC X(02) VALUE “月”.
03  WK-OUT-DD PIC X(02).
03  FILLER    PIC X(02) VALUE “日”.
PROCEDURE DIVISION.
MAIN.
ACCEPT WK-YMD FROM DATE.
MOVE   WK-YY  TO   WK-OUT-YY.
MOVE   WK-MM  TO   WK-OUT-MM.
MOVE   WK-DD  TO   WK-OUT-DD.
DISPLAY “取得した年月日は” WK-OUT “です。”
STOP RUN.
 
【解説】
 
2016年01月01日に、このプログラムを実行すると以下のようになります。
「ACCEPT WK-YMD FROM DATE.」を実行すると、WK-YMDの内容は160101になります。
 
西暦の年は、2016年だと16となります。
 
従ってWK-YYの内容は16、WK-MMは01、WK-DDは01となります。
 
「MOVE   WK-YY  TO   WK-OUT-YY.」はWK-YYの内容をWK-OUT-YYに移送する命令です。
 
「MOVE   WK-MM  TO   WK-OUT-MM.」はWK-MMの内容をWK-OUT-MMに移送する命令です。
 
「MOVE   WK-DD  TO   WK-OUT-DD.」はWK-DDの内容をWK-OUT-DDに移送する命令です。
 
「MOVE   WK-YY  TO   WK-OUT-YY.」を実行するとWK-OUT-YYの内容は16になります。
 
「MOVE   WK-MM  TO   WK-OUT-MM.」を実行するとWK-OUT-MMの内容は01になります。
 
「MOVE   WK-DD  TO   WK-OUT-DD.」を実行するとWK-OUT-DDの内容は01になります。
 
「DISPLAY “取得した年月日は” WK-OUT “です。”」を実行すると次のように表示されます。
 
取得した年月日は16年01月01日です。

COBOL/MOVEステートメント」への2件のフィードバック

  1. latest updates about jio

    If we involve some important news or emergency situation, we’re going to definitely learn about it on TV.
    There aare several advantages it is possible to enjoy with
    online news, however, the methods mentioned here are the most typical ones.
    Starting a news blog is yet another interesting strategy
    for starting a great dwal of content.

    返信
  2. Blog name generator wordoid

    You also can make money with your blogs by repackaging its content in a
    way that one could make income using it. Many individuals who will be researching to cut costs are finding out
    precisely how easy it can be whenever you buy generic.
    Writing blog posts can bbe a method to channel your understanding and creativity using the world.

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です