データベースのテーブル操作/DELETE


【DELETEステートメント】

DELETEステートメントは、テーブルのデータを削除するためのステートメントです。
売上テーブルから任意のお客様番号、売上年月、商品コードのキーのデータを削除するSQLを記述してみます。
キーは、お客様番号=CUST01、売上年月=200001、商品コード=A0000001とします。

SALTBL(売上テーブル)

お客様番号 売上年月 商品番号 単価 数量 金額
CUSTCD(6桁) SALYM(6桁) SYOHIN(8桁) TANKA(6桁) SURYO(6桁) KINGAKU(6桁)
CUST01 200001 A0000001 1000 10 10000
CUST01 200001 B0000001 2000 10 20000
CUST02 200001 A0000001 3000 10 30000

(1)売上テーブルを削除するSQL

EXEC SQL
DELETE FROM SALTBL
WHERE CUSTCD = ‘CUST01’
AND SALYM = ‘200001’
AND SYOHIN = ‘A0000001’
END-EXEC.

(2)登録した結果を判定する

EVALUATE SQLCODE
WHEN ZERO
正常に削除できた場合の処理を行う
WHEN -100
削除する対象のデータが存在しない場合の処理を行う
WHEN OTHER
異常発生時の処理を行う
END-EVALUATE.

(1)の部分がSQLステートメントです。
①SQLを記述する場合、先頭に「EXEC SQL」最後に「END-EXEC」
と記述します。
②「DELETE FROM」は、テーブルに登録されているデータを削除する場合に記述します。
③「SALTBL」は、削除するデータが登録されているテーブル名(SALTBL)を記述します。
④「WHERE」は、削除するデータを特定するためのキーの記述です。

(2)はDELETEの結果を判定して、対応する処理を行います。
  結果の判定はSQLCODEという項目名の値を判定します。
  DBMSの種類によって、SQLCODEの値の意味が異なりますので注意が必要です。
①正常に削除できた場合、SQLCODEはZEROになりますので、正常に削除された場合の処理を行います。
②WHEREで記述したキーが存在しない場合、SQLCODEは-100になりますので、削除するデータが存在しない場合の処理を行います。
③上記以外いずれでもない場合は、異常状態ですからこれ以上処理を継続することはできません。
 一般的な処理は、異常状態を知らせる処理を行って終了します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です