スクート(LCC)ハワイ片道9900円の安さ・評価も好評

スクート(LCC)ハワイ片道9900円の安さ・評価も好評

スクート(LCC)魅力は価格の安さ

昨年の12月にシンガポール航空系の格安航空会社(LCC)スクートが関西空港-ハワイ・ホノルル路線を開設しました。
関西空港-ホノルル路線の運賃は、キャンペーン価格で片道9900円という安さで利用できます。
手頃な価格で利用できることで、新規の利用者を増やす「新しい需要創出」を目指しているようです。
LCCといえば安く利用できる分、座席が狭く快適さに欠けるイメージがありますが、LCCで良く利用されている小型機ではなく、この路線は大型機のボーイング787型機です。
座席の幅も大手国内線と同等で、80センチ弱ありますので決して狭いということはありません。
座席はエコノミー311席、スクートビズ18席(幅の広い席)を保有しています。
利用客の多い時期の価格ではありませんが、キャンペーンも頻繁に実施していますので、選択技の一つに加える価値は十分にあります。
機内食と手荷物預かりは運賃には含まれていませんので、セットでの申し込みと、別料金で利用するかは利用者の選択によります。
座席にはモニターが付いていませんので、携帯端末を持ち込んで利用するしかありません。
有料のWifi、映画鑑賞のできるスクートTVのサービスが提供されています。
利用者からの評価はなかなか好評で、別路線も増やしてほしいとの要望も出ているようです。
一時期と比べると円安が進み海外旅行も少し敷居が高くなってきましたが、これだけ運賃が安いのであれば、利用したいと思う人も増えてくるんではないでしょうか。

 

TRIPカテゴリの最新記事

Translate »