LPGA全米女子オープンゴルフ2020/渋野最終日首位発進

LPGA全米女子オープンゴルフ2020/渋野最終日首位発進

コロナの影響でスケジュールが大幅変更となりましたが、今シーズンメジャー最終戦となる全米女子オープンゴルフが今月開催となります。
日本からも有力選手16名が大挙参加、日本の女子ゴルフのレベルも上がっているので、まずは何名が予選を通過するか注目されます。
原英莉花は国内メジャーを連勝して絶好調、渋野日向子は米国ツアー経験後にようやく復調気配、国内では実績をあげている有望な選手ばかりですから期待が持てます。
渋野にとっては、観客が大勢はいっているほうがプレーしやすいのかも知れませんが、この大会も無観客で行われます。

■大会概要

開催日程:12月10日(木)~12月13日(日)
コース :チャンピオンゴルフクラブ (テキサス州)
賞金総額:550万ドル (優勝賞金:100万ドル)
解説  :岡本綾子(実況:田中雄介)

■放送予定

全ラウンド生中継・同時配信(※延長あり)
1日目 10日深夜3時〜翌11日午前8時
2日目 11日深夜3時〜翌12日午前8時
3日目 12日深夜3時〜翌13日午前8時15分
4日目 13日深夜2時〜翌14日午前7時15分

■出場予定選手

●日本選手
畑岡奈紗、渋野日向子、比嘉真美子、上田桃子、河本結、稲見萌寧、勝みなみ、古江彩佳、笹生優花、
小祝さくら、原英莉花、西村優菜、穴井詩、岡山絵里、柏原明日架、浅井咲希、以上16名

●韓国選手
コ・ジンヨン、イ・ジョンウン6、ユ・ソヨン、パク・ソンヒョン、朴仁妃、イ・ミヒャン、他多数の選手が参加してきた。
韓国勢有力選手も満を持して参戦、前哨戦となるボランティアーズ・オブ・アメリカにも参戦しているので、今週の前哨戦も注目される。

歴代優勝選手

2019年:イ・ジョンウン6(韓国)
2018年;アリヤ・ジュタヌガン(タイ)
2017年:パク・ソンヒョン(韓国)
2016年:ブリタニー・ラング(米国)
2015年:田仁智(韓国)
2014年:ミシェル・ウィー(米国)
2013年:朴仁妃(韓国)
2012年:チェ・ナヨン(韓国)
2011年:柳簫然(韓国)

2005年にバーディ・キムが優勝してから韓国勢の台頭が始まり、圧倒的な成績を残してきた。

■ランキングボード

予選ラウンドは2コースを使用して行われるため、4組同時にスタートする。
チャンピオンズGC サイプレスクリーク(6731ヤード、パー71)最初の1番と10番スタート
チャンピオンズGC ジャックラビット(6558ヤード、パー71)後の1番と10番スタート
※2日目はコースが入れ替わりとなるため、予選ラウンドは順位順に記載できません。

●1日目
エイミ・オルソンが4アンダーで単独トップ、1打差に渋野、モリヤ・ジュタヌガーン、キム・イェリムの3名、2打差に笹生、他6名、3打差に12名、全体的にはスコアを落とす選手がほとんど。
日本選手では渋野、笹生の2名がアンダー、畑岡がイーブン、2オーバーに河本、高橋、西村、比嘉、稲見の5名がいる。
写真まで貼って期待していた原英莉花は12オーバーと苦戦、日本のコースとは勝手が違うようだ。
2コースに分かれてプレーしているので比較が難しいが、2オーバー以内にいないと挽回は難しそうだ。

●2日目
今シーズンはここまで不調が続いてきた渋野が、メジャー最終戦でパワー爆発、2日目ベストスコアの4アンダーで単独トップ独走となった。
11月のリコーカップで3位タイに入り、復調を感じさせる結果となったが、米国ツアーでは散々な結果となったため半信半疑の状態と思われた。
しかし、この2日間は次元の違うプレーを展開していて、久々に渋野本来の勢いが感じられる。

特筆はアマチュアゴルファーの活躍で、2位のリン・グラント、3位のケイトリン・バップ、14位のイングリット・リンドブラッド、他にもポリーヌ・ルサン・プシャール、マヤ・スタルク、ガブリエラ・ラッフェルズなどが上位で大健闘。
なんと、このうちグラント、リンドブラッド、スタルクの3名がスウェーデンの選手というには驚きだ。
スウェーデンは、この大会に10名を送り込む力の入れようで、ここまで期待以上の結果を出している。
それに引き換え、女子ゴルフをけん引する韓国勢が不調で、主力選手のスコアが思ったように伸びてこない。
明日からはヤマ場となる決勝戦、不安と期待が交錯する。

予選通過は60位タイまで、日本選手では渋野、笹生、畑岡、稲見、三ヶ島、比嘉、高橋、河本、岡山の9選手、カリー・ウェブの指摘の通り寒い時期でのプレーはアメリカでは少ないため、日本選手には有利という。

●3日目
ここから決勝戦最初の勝負どころ、渋野の本格復調に注目が集まる。
3日目はアンダーがたった2名という厳しいラウンドとなり、ほとんどの選手が大きくスコアを落とす結果となった。
その中でキム・ジヨンが4アンダーを叩き出し、47位から3位タイまで大きく順位を伸ばして、優勝争いに加わってきた。
渋野は2日目までバーディ発進していた1番で、ボギー発進となり不安を予感させる出だしとなった。
2日目までと違ってバーディが取れなくなって結果的にスコアを3つ落としたが、1打差で首位をキープした。
渋野がスコアを落としたことで多くの選手に優勝の可能性が出てきたことは確かだ。
スコアの伸びない試合は得意とは思えない渋野にとって、明日は試練の最終日となりそう。

●4日目
単独首位とはいえ1打差のリードは無いに等しいが、プレッシャーに強く、接戦の勝負にも強い、最後は渋野の底力に期待する。
大雨予想とのことでしたが。始まったばかりの状況では、結構バーディが出ているようなので、渋野にとってもプレーしやすかも知れません。
渋野は、終わってみれば決勝ラウンドで6つもスコアを落としてしまいました。
2日目までは非の打ちどころのないプレーで単独トップとなりましたが、終了後のインタビューで2日目までの貯金を全部なくさないようにしたいと発言していました。
この発言が妙に引っかかっていて、気持ちが守りに入っているようで、渋野らしくないと思ったわけです。
微笑みかけた勝利の女神が、これを聞いてそっぽを向いてしまったのではないかと思わざるを得ません。
スコアをキープしての負け、自らスコアを落としての負け、結果は同じですが仕方ないとは思えません。
実力負けと言っていましたが、決して実力負けではありません。
3日目に雨が降ってリズムが狂ったようで、雨が降らなければ勝っていたと思います。
渋野が出れば試合が盛り上がるのは確かで、コ・ジンヨンも出場する最終戦のCMEツアー選手権にも出場してもらいたい。
それにしても韓国勢の底力には脱帽、最終日のスコアは突出しています。

LPGA全米女子ゴルフ2020(※時間は現地時間/時差15時間)サスペンデッド
No 選手 通算 本日 Ho R1 R2 R3 R4 合計
1 キム・イェリム 韓国 -3 -4 F 68 74 72 67 281

2

A・オルソン アメリカ -2 1 F 67 72 71 72 282
  コ・ジンヨン 韓国 -2 -3 F 73 70 71 68 282
4 渋野日向子 日本 -1 3 F 68 67 74 74 283
5 メガン・カン アメリカ 1 1 F 70 69 74 72  
6 モリヤ・ジュタヌガーン タイ 2 3 F 68 72 72 74  
  イ・ジョンウン6 韓国 2 0 F 73 69 73 71  
  朴仁妃 韓国 2 -3 F 71 72 75 68  
9 +3                  
  ケイトリン・パップ アメリカ 3 3 F 71 68 74 74  
  アリヤ・ジュタヌガーン タイ 3 2 F 70 70 74 73  
11 +4                  
  高橋彩華 日本 4 0 F 73 72 72 71  

 

イ・ミニョン 韓国 4 -1 F 74 68 76 70  
13 +5                  
  キム・ジヨン 韓国 5 6 F 75 70 67 77  
  M・スターク スウェーデン 5 3 F 70 72 73 74  
  L・ストロム スウェーデン 5 1 F 69 65 73 72  
  笹生優花 日本 5 1 F 69 71 77 72  
  岡山絵里 日本 5 1 F 76 69 72 72  

 

G・ルフェルズ オーストラリア 5 -1 F 71 72 76 70  
  ユ・へラン 韓国 5 4 F 72 72 70 75  
  リディア・コ ニュージーランド 5 5 F 71 70 72 76  
20 +6                  
  ユ・ソヨン 韓国 6 1 F 72 73 73 72  
  キム・セヨン 韓国 6 5 F 72 69 73 76  
23 +7                  
  C・カー アメリカ 7 6 F 71 69 74 77  

 

L・グラント スウェーデン 7 4 F 69 69 68 75  
  サラ・スチルメトセル アメリカ 7 4 F 71 69 76 75  
  ジェニー・シン 韓国 7 1 F 72 70 76 72  
  J.コルダ アメリカ 7 1 F 72 73 74 72  
  畑岡奈紗 日本 7 1 F 71 73 75 72  
  チェ・クレア 韓国 7 0 F 73 72 75 71  

 

C・ナイト アメリカ 8 5 F 75 69 72 76  
  M・サグストロム スウェーデン 8 4 F 74 71 72 75  
  ジェニファー・カプチョ アメリカ 8 4 F 70 72 75 75  
  L・スティーブンソン アメリカ 8 3 F 72 72 74 74  
  C・ハル イングランド 8 1 F 69 73 78    
  アシュリー・ブハイ 南アフリカ 8 2 F 71 69 79    
  チェ・ヘジン 韓国 8 2 F 70 73 76    
  ジェニファー・ソング アメリカ 8     77 68 76    
  A・ユーイング アメリカ 8     73 72 76    
  I・リンドブラト スウェーデン 8 6 F 72 69 74 77  
  ブロンテ・ロー イングランド 8 5 F 73 72 71 76  

 

P・デラクール フランス 9 6 F 72 71 73 77  
  ハナ・グリーン オーストラリア 9 4 F 72 73 73 75  
  ソフィア・ポポフ ドイツ 9 2 F 69 76 75    
  イエリミ・ノ アメリカ 9 9   72 69 72    
  ダニエル・カン アメリカ 9     72 71 79    
  B・ヘンダーソン カナダ 9     72 73 77    
  S・ルイス アメリカ 10 6 F 72 68 77 77  
  リンジー・ウィーバー アメリカ 11 9 F 70 70 75 70  
  リゼット・サラス アメリカ 11 8 F 72 69 75 79  
  P・ルサン-ブシャール フランス 11 7 F 70 72 75 78  
  B・リンシコム アメリカ 11 6 F 70 75 73 77  
  ミンジー・リー オーストラリア 11 4 F 74 71 75 75  
  ギャビー・ロペス メキシコ 11 5 F 74 71 74    
  ペ・ソンウ 韓国 12 6 F 75 68 76 77  
  アサハラ・ムニョス スペイン 13 7 F 71 70 78    
  アンナ・ノードクイスト スウェーデン 13 7 F 73 71 75 78  
  稲見萌寧 日本 13 6 F 73 71 76 77  

 

P・リンドベルグ スウェーデン 14 8 F 74 70 75 79  
  イ・ミヒャン 韓国 14 3 F 72 73 79    
  河本結 日本 15 9 F 73 72 74    
  比嘉真美子 日本 16 9 F 73 72 75 80  
  張替ミナ アメリカ 16 8 F 70 74 77 79  
  ジョディー・エワート イングランド 17 9 F 70 72 79 80  
  アン・ナリン 韓国 17 7 F 72 72 79 78  

 

三ヶ島かな 日本 19 8 F 75 69 80 79  

 

スヒョン・オー オーストラリア 20 10 F 75 70 78 81  
予選落                  
81 勝みなみ 日本 5 3   74 73      
81 上田桃子 日本 5 3   74 73      
95 西村優菜 日本 6 4   73 75      
102 渡邉彩香 日本 7 1   77 72      
102 浅井咲希 日本 7 2   76 73      

113

古江彩花 日本 8 3   76 74      
113 穴井詩 日本 8 1   78 72      
129 小祝さくら 日本 10 4   77 75      
133 柏原明日香 日本 11 3   79 74      
152 原英莉花 日本 19 7   83 78      

■ボランティアーズ・オブ・アメリカ

今週は全米女子オープンの前哨戦となるボランティア・オブ・アメリカが12月3日から開催。
世界ランク1位のコ・ジンヨン、全米女子オープン前年優勝のイ・ジョンウン6、ユ・ソヨンなど、メジャー優勝経験のある韓国選手がメジャー最終戦を目指して出場してきました。

2日目
初日と比べるとスコアを伸ばす選手が多く順位の入れ替わりが目立っている。
ジェシカ・コルダ、アンナ・ノードクイスト、イエリミ・ノーがトップタイ、1打差でリンジー・ウィーバー、イエリミ・ノーがこの日5アンダーのベストスコア。
韓国勢のなかでは、コ・ジンヨン、朴仁妃が2打差、パクソンヒョンが4打差、ユ・ソヨンはスコアを伸ばせず6打差、イ・ジョンウンは8打差で苦戦している。
初日トップのチャーリー・ハル、2位のジェニファー・カプチョは、スコアーを落として4打差まで後退、ハナ・グリーンが大きくスコアを伸ばして並んできた。
畑岡奈紗は、トップから3打差の10位タイで優勝圏内。
上原彩子は、2日目持ちこたえて、ぎりぎり予選通過。
まだ差はわずかで優勝圏内には多数の選手、3日目がひとつの山場となる。

●3日目
目まぐるしくトップが入れ替わる大激戦、本番の全米オープンより面白いかもしれません。
韓国勢は、ここ2日間は思ったほどスコアが伸びず苦戦しているように思いましたが、3日目は一転して攻めのゴルフ、ユ・ソヨン、朴仁妃、コ・ジンヨン、イ・ジョンウン6の主力選手がスコアを伸ばしてきました。
特にスコアが伸びず苦しんでいるかと思っていたユ・ソヨンとイ・ジョンウン6が大きくスコアを伸ばして、ソヨンがベストスコアでトップタイ、ジョンウンも3打差に迫っています。
日本選手では畑岡がトップから1打差まで迫っています。
アンダーパーの18人全員がわずか3打差に収まる大激戦となっています。

●最終日
アンダーパーが10名と厳しい環境のなか、最終日にベストスコアを叩き出したアンジェラ・スタンフォードが、強豪選手を差し切って優勝しています。
3日目に大きくスコアを伸ばした韓国勢でしたが、最終日は思ったほどスコアを伸ばすことはできませんでしたが、朴仁妃、ユ・ソヨンが2位タイ、コ・ジンヨンが5位と上位5名のうち3名を占めています。
来週のメジャー最終戦に向けて手ごたえを掴んだ前勝戦と言えます。

ボランティア・オブ・アメリカ
No 選手 通算 本日 Hole R1 R2 R3 R4 合計
1 アンジェラ・スタンフォード アメリカ -7 -4   71 69 70 67 277
2 イェリミ・ノ アメリカ -5 -1   72 66 71 70 279
  朴仁妃 韓国 -5 -1   72 68 69 70 279
  ユ・ソヨン 韓国 -5 -1   72 72 65 70 279
5 コ・ジンヨン 韓国 -4 -1   71 69 70 70 280
6 チャーリー・ハル イングランド -3 0   68 74 68 71 281
  アンナ・ノードクイスト スウェーデン -3 -1   70 68 73 70 281
8 クリスティン・ギルマン アメリカ -2 1   73 71 66 72 282
  リンジー・ウィーバー アメリカ -2 -1   71 68 73 70 282
10 マデリーン・ザグストロム スウェーデン -1 1   71 69 71 72 283
11 畑岡奈紗 日本 0 3   72 69 69 74 284
  ブリタニー・ラング アメリカ 0 1   70 71 71 72 284
  ケリー・タン マレーシア 0 1   73 68 71 72 284
  ジェニファー・カプチョ アメリカ 0 1   69 73 70 72 284
  スヒョン・オー オーストラリア 0 -2   73 70 72 69 284
  モリヤ・ジュタヌガーン タイ 1 0   73 70 71 71 285
  シュ・リン 中国 1 -1   78 67 70 70 285
19 ジェシカ・コルダ アメリカ 2 5   69 69 72 76 286
  リネア・ストロム スウェーデン 2 3   71 70 71 74 286
  サラ・ケンプ オーストラリア 2 1   75 69 70 72 286
  ミンジー・リー オーストラリア 2 -1   75 70 71 70 286
  オースティン・アーンスト アメリカ 2 -2   72 72 73 69 286
24 ハナ・グリーン オーストラリア 3 2   75 67 72 73 287
25 ボーナノン・ファトラム タイ 4 7   69 71 70 78 288
  シダバ・スワナブーラ タイ 4 4   73 72 68 75 288
  ティファニー・チャン 香港 4 3   72 76 66 74 288
  シャインアン・ナイト アメリカ 4 2   71 73 71 73 288
  レオナ・マグワイヤー アイルランド 4 1   72 74 70 72 288
  リュウ・ユー 中国 4 1   73 70 73 72 288
  キャサリン・ハルカーク オーストラリア 4 0   74 76 67 71 288
  キャロライン・マッソン ドイツ 4 -3   78 71 71 68 288
33 リンディー・ダンカン アメリカ 5 3   76 71 68 74 289
  ソフィア・ポポフ ドイツ 5 3   71 73 71 74 289
  ナンナ・マジソン デンマーク 5 3   81 67 67 74 289
  ライアン・オトゥール アメリカ 5 2   74 74 68 73 289
  パク・ソンヒョン 韓国 5 1   72 70 75 72 289
38 ハー・ミジョン 韓国 6 2   71 72 74 73 290
  メガン・カン アメリカ 6 2   70 74 73 73 290
  アラナ・ユーリエル アメリカ 6 2   76 71 70 73 290
  アニー・パーク アメリカ 6 1   72 71 75 72 290
  セリーヌ・ビュティエ フランス 6 1   79 69 70 72 290
  サラ・スチメトセル アメリカ 7 3   76 71 70 74  
  エマ・タリー アメリカ 7 2   74 73 71 73  
  ロビン・リー アメリカ 7 2   75 72 72 73  
  アリー・マクドナルド アメリカ 7 0   70 76 74 71  
  パティ・タバタナキト タイ 8 4   76 77 74 75  
  ステーシー・ルイス アメリカ 8 3   75 71 72 74  
  ジョディ・エワート イングランド 8 3   72 75 71 74  
  チョン・インジ 韓国 9 4   73 70 75 75  
  モーガン・プレッセル アメリカ 9 4   73 70 75 75  
  アンドレア・リー アメリカ 9 3   73 74 72 74  
  ニコール・ラルセン デンマーク 9 1   72 77 72 72  
  ギャビー・ロペス メキシコ 10 7   76 71 69 78  
  チェ・クレア 韓国 10 2   75 71 75 73  
  ヤン・ジン 中国 11 4   75 72 73 75  
  エイミー・オルソン アメリカ 11 4   74 75 71 75  
  アリヤ・ジュタヌガーン タイ 11 0   72 76 76 71  
  シドニー・クラントン アメリカ 13 5   74 71 76 76  
  上原彩子 日本 13 4   79 72 72 75  
  イ・ジョンウン 韓国 13 1   74 74 77 72  
  ジェリーナ・ピラー アメリカ 14 9   70 75 73 80  
  ブリタニー・アルトマレ アメリカ 14 8   73 73 74 79  
  ローレン・スティーブンソン アメリカ 14 3   73 75 76 74  
  アシュリー・ブハイ 南アフリカ 20 7   78 69 79 78  
  ビアンカ・バグダナナン フィリピン 21 6   78 72 78 77  

 

Golfカテゴリの最新記事

Translate »