LPGAリコーカップ2019/勝負を懸けた渋野1歩届かず2位

LPGAリコーカップ2019/勝負を懸けた渋野1歩届かず2位

今週は国内ツアー最終戦、LPGAツアーチャンピョンシップリコーカップ2019が開催される。
最終戦を残して賞金女王は鈴木愛、申ジエ、渋野日向子の3人の熾烈な争いとなっている。
ここまで申ジエが賞金争いのトップを独走してきたが、11月に入って鈴木愛が意地を見せて3連勝を達成、申ジエを抜いて賞金争いのトップに踊り出てきた。
渋野日向子は、上位2選手に差を付けられた3位となり、賞金争いから脱落したかに思えたが、先週の大王製紙エリエールレディスオープンで優勝して、賞金争いは三つ巴の様相を呈している。
トップの鈴木愛がこのまま逃げ切るか、最後に申ジエが意地を見せるか、今シーズン大活躍の渋野日向子がラストスパートで追い込みを決めるか、興味深い最終戦となる。
渋野の優勝で最終戦となるリコーカップは一層面白くなってきたことは確か。
渋野が優勝すれば渋野に始まり、渋野に終わるシーズンとなり、渋野フィーバー元年の年になる。
観客動員では世界でも指折りの実力を誇る渋野、ゴルフの試合でも女王の座を射止めるか注目の一戦となる。

■LPGAツアーチャンピョンシップリコーカップ2019

大会会場:宮崎カントリークラブ(宮崎県)
全長距離:6535ヤード(パー72)
賞金総額:120,000,000円
優勝賞金:30,000,000円
開催日程:11月28日(木)~12月1日(日)、予備12月2日(月)

出場資格
1. 2019年度のLPGAツアー優勝者
2. 2019年度USLPGAツアー優勝のTP登録者
3. 2019年度LPGA賞金ランキング上位30位までの選手
4. 2019年度9月24日時点のロレックスランキング上位30位までのTP登録者

Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Out
Yards 362 582 412 358 194 387 397 185 490 3367
難易度 10 10 7 9 5 12 6 4 18  
Par 4 5 4 4 3 4 4 3 5 36
Hole 10 11 12 13 14 15 16 17 18 In
Yards 341 485 240 495 383 413 171 317 423 3168
難易度 15 16 14 13 3 2 8 17 1  
Par 4 5 3 5 4 4 3 4 4 36

■放送予定

1日目:11/28(木)
日テレジータス(9:00~15:00)、再放送(19:30~25:30)

2日目:11/29(金)
日テレジータス(9:00~15:00)、再放送(19:30~25:30)

3日目:11/30(土)
日テレジータス(8:45~13:30)、再放送(18:30~24:15)
日本テレビ全国(13:30~14:25)

4日目:12/01(日)
日テレジータス(8:45~13:00)、再放送(21:00~26:45)
日本テレビ全国(15:00~16:25)

■ラウンド結果

最終戦となる今大会の焦点は、鈴木愛、申ジエ、渋野日向子の賞金女王争い、申と渋野は優勝が絶対条件。
渋野は直前の大会で優勝して、賞金女王への望みをつなぎ勢いでは、渋野に若干分がある。
鈴井愛は、直前の大会で優勝すれば賞金女王確定となったが、渋野との優勝争いに敗れて2位、渋野のチャンスを与えてしまった。
申ジエは、ここまで賞金争いでトップを独走してきたが、土壇場で追いつかれ流れが向いていのが気がかりとなる。

スコア表 Hole 1
10
2
11
3
12
4
13
5
14
6
15
7
16
8
17
9
18
Out
In
選手 Round Per/
Score
4
4
5
5
4
3
4
5
3
4
4
4
4
3
3
4
5
4
36
36
鈴木愛 1R 0 4


3

5
3
4
4
4
3
4
5
35
37
鈴木愛 2R 1 4
4
5
5
4
3
4

4
4
4
4
3
3
4
5
37
36
申ジエ 1R 3
5
4
3
4
5
3

4
3
4
5
4
38
37
申ジエ 2R 1
4


3
4
5
3
4
4
4
4
3
4

4
36
34
渋野日向子 1R -2 4
4
5
3⃣
4
3
4
5
3
4
4
4
4
3
4

4
37
33
渋野日向子 2R -4 4
4
5
5
4
3

3

4
4
3
3
4
5
4
36
34
渋野日向子 3R -5 4
4
5
5
4
4

4


3
3

34
37

●初日
初日単独トップはテレサ・ルーの5アンダー、単独2位には2打差の古江、3位に3打差で柏原、渋野が続く。
渋野は好調を維持して、絶好のスタートで好位置をキープした。
鈴木愛は5打差と若干出遅れとなったが、渋野とは僅差の2打差でまずまずといったところ。
申ジエは大きく出遅れて8打差の25位、初日とはいえ厳しいスタートとなった。
イ・ボミが少しずつ復調気配で、4打差5位の好位置に付けている。

●2日目
テレサ・ルーが好調にスコアを伸ばし7アンダーでトップを独走、ペ・ソンウが急伸し2打差の2位、イ・ボミと渋野も好調にスコアを伸ばして3打差の3位タイとトップを追う展開となった。
申ジエと鈴木愛はともに1オーバーと苦戦、3日目は正念場となりスコアを伸ばせなければ、優勝のチャンスはなくなる。

●3日目
テレサ・ルーに替わってイ・ボミが7アンダーでトップ、ペ・ソンウが1打差2位をキープ、渋野が2打差3位をキープしている。
さらに古江と2日目までトップのテレサ・ルーが3打差4位タイで追う展開となった。
上位は混戦で最終日は誰が抜け出すか予想がつかないが、優勝争いはこの上位5名に絞られそう。
今までのコースのようなバーディラッシュはほとんど出ていない、難易度の高いコースだ。
今期ここまで未勝利のイ・ボミ、終盤に復調気配で最終戦は、ここまで絶好調、念願の初勝利は目前。
渋野はトップを射程圏にいれた絶好のポジションをキープ、競り合いにも強く勢いもある。
笑顔の裏には鉄の心を持った勝負師が、ここ一番の勝負に出る。

●4日目
3日目1位のイ・ボミと3位の渋野に期待したが、間に入った2位のぺ・ソンウが混戦を制して優勝となった。
3日目トップのイ・ボミは最終日にスコアを落とす最悪の展開、優勝を意識してプレッシャーがかかったか、4番から5連続ボギーで失速、後半は2バーディと持ち直して5位タイ。
渋野は前半パープレイで絶好の位置で折り返し、後半に強い渋野が3バーディ1ボギーとスコアを伸ばしたが、2位タイで終わり賞金女王には届かなかった。
ペ・ソンウはボギー先行となったが、8番からバーディラッシュで底時からを発揮、6バーディ、1ボギーでトップを独走、そのまま逃げ切った。

■出場選手(ランキング順)

順位 PLAYER SCORE TODAY 1R 2R 3R 4R TOTAL
1 ペ ソンウ -11 -5 71 68 71 67 277
2 渋野 日向子 -7 -2 70 70 71 70 281
2 古江 彩佳 -7 -3 69 72 71 69 281
4 河本 結 -6 -5 73 70 72 67 282
5 イ ボミ -5 2 71 69 69 74 283
5 鈴木 愛 -5 -4 72 73 70 68 283
7 申 ジエ -4 -4 75 70 71 68 284
7 ペ ヒギョン -4 -1 73 69 71 71 284
7 岡山 絵里 -4 -1 71 72 70 71 284
10 比嘉 真美子 -3 -3 71 77 68 69 285
10 吉本 ひかる -3 0 73 70 70 72 285
12 イ ミニョン -2 -1 71 73 71 71 286
12 上田 桃子 -2 1 73 70 70 73 286
12 小祝 さくら -2 1 74 71 68 73 286
15 原 英莉花 -1 -1 72 75 69 71 287
15 全 美貞 -1 1 73 71 70 73 287
15 テレサ・ルー -1 3 67 70 75 75 287
18 新垣 比菜 1 0 76 68 73 72 289
19 菊地 絵理香 2 -1 75 73 71 71 290
19 勝 みなみ 2 0 75 69 74 72 290
19 柏原 明日架 2 3 70 76 69 75 290
22 黄 アルム 3 -1 74 76 70 71 291
22 三ヶ島 かな 3 2 72 70 75 74 291
22 アン ソンジュ 3 4 74 70 71 76 291
25 穴井 詩 6 0 74 76 72 72 294
25 S.ランクン 6 3 77 73 69 75 294
27 フォン シャンシャン 7 1 76 77 69 73 295
27 李 知姫 7 2 73 74 74 74 295
27 高橋 彩華 7 3 74 75 71 75 295
30 稲見 萌寧 9 2 74 74 75 74 297
31 成田 美寿々 11 3 74 74 76 75 299
32 淺井 咲希 12 1 76 80 71 73 300

 

Golfカテゴリの最新記事

Translate »