2020東京オリンピック競技種目と開催会場

2020東京オリンピック競技種目と開催会場

■2020年東京オリンピック

参加国・地域:207
参加人数:12,000人以上
競技種目数:33競技339種目
開催期間:2020年7月24日~8月9日
開会宣言:天皇陛下
主競技場:新国立競技場
総費用:1.39兆円
経済効果:32.3兆円、190万人の雇用増加

■スポンサー

ワールドワイドオリンピックパートナー:13社
ゴールドパートナー15社
オフィシャルパートナー:32社
オフィシャルサポーター:13社

■競技会場

メイン競技場:新国立競技場(オリンピックスタジアム)
メイン競技場周辺の競技会場では、内陸部のヘリテッジゾーンと臨海部の東京ベイゾーンに別れ、選手村を中心として9割の競技会場が8km圏以内に配置されている。
その他の競技会場
サッカー競技会場:札幌ドーム、宮城スタジアム、茨木県立カシマサッカースタジアム、埼玉スタジアム、東京スタジアム、横浜国際総合競技場
馬術競技会場:馬事公苑
ゴルフ競技会場:霞ヶ関カンツリー俱楽部
セーリング競技会場:江の島ヨットハーバー
フェンシング、テコンドー、レスリング競技会場:幕張メッセ
サーフィン競技会場:釣ガ崎海岸
射撃競技会場:陸上自衛隊朝霧訓練所
近代五輪競技会場:武蔵野の森総合スポーツプラザ

■競技(種目)

水泳(49):東京アクアティクスセンター
・飛込(8)
・競泳(35)
・アーティスティックスイミング(2)
・マラソンスイミング(2):お台場海浜公園
・水球(2):東京辰巳国際水泳場

サーフィン(2):釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ

カヌー(16)
・スラローム(4):カヌー・スラロームセンター
・スプリント(12):海の森水上競技場

ボート(14):海の森水上競技場

アーチェリー(5)

陸上競技(48):オリンピックスタジアム

バドミントン(5)

野球・ソフトボール(2)
・野球(1)
・ソフトボール(1)

バスケットボール(4)
・バスケットボール(2)
・3×3(2)

自転車競技(22)
・BMX(4)
・マウンテンバイク(2)
・ロード(4)
・トラック(12)

馬術(6)
・馬場馬術(2)
・総合馬術(2)
・障害馬術(2)

フェンシング(12)
ホッケー(2)
サッカー(2)
ゴルフ(2)

体操(18)
・体操(14)
・新体操(2)
・トランポリン(2)

ハンドボール(2)

近代五種(2)

ローラースポーツ(4)
・スケートボード(4)

ラグビー(2)
・7人制ラグビー(2)

セーリング(10)

射撃(15)
・ライフル射撃(10)
・クレー射撃(5)

スポーツクライミング(2)
卓球(5)
テニス(5)
トライアスロン(3)

バレーボール(4)
・バレーボール(2)
・ビーチバレー(2)

ウエイトリフティング(14)

レスリング(18)
・フリースタイル(12)
・グレコローマン(6)

ボクシング(13)

柔道(15)

空手(8)
・形(2)
・組手(6)

テコンドー(8)

Athleticsカテゴリの最新記事

Translate »