5/14indycar2022 GMR-GP

平昌冬季五輪ニュース速報

平昌冬季五輪ニュース速報

2月7日

■開会式の防寒対策
平昌五輪開会式の始まるPM8:00には、-10度以上の極寒となり、選手や観客の健康が心配されてきた。
国際オリンピック委員会は開会式当日の防寒対策として、入場を待つ選手にはヒーター付きテントが用意され、観客にはニット帽と手袋の防寒キットが支給されることを発表した。

2月6日

■国際オリンピック委員会(IOC)は、ロシア選手32人が平昌冬季五輪への参加を認められなかったことを不服として提訴したと発表した。7日に聴取が行われる予定。スピードスケート・ショートトラック男子で計6個の五輪金メダルを持つビクトル・アン、ノルディックスキー距離の世界選手権覇者セルゲイ・ウスチュゴフ、バイアスロン男子でソチ五輪リレー金メダルのアントン・シプリンらが含まれる。
■高梨、十分練習を積め満足そう
■羽生は仕上がり順調
怪我からの復帰の状態がはっきりしない羽生について、ブライアン・オーサー・コーチによると既に4回転ジャンプを練習していて状態は順調、試合当日には100%の状態に仕上がると発表。
■開会式の防寒対策
平昌五輪開会式の始まるPM8:00には、-10度以上の極寒となり、選手や観客の健康が心配されてきた。
国際オリンピック委員会は開会式当日の防寒対策として、入場を待つ選手にはヒーター付きテントが用意され、観客にはニット帽と手袋の防寒キットが支給されることを発表した。

2月5日

■スピードスケートの平昌五輪日本代表、本番会場の江陵オーバルで初練習、ここから本格始動。
小平奈緒、高木美帆の主力選手は、気負いもなく自然体で順調そうです。

2月4日

■劣悪環境下での開幕式
平昌オリンピック開会式のセレモニーは9日PM8:00~PM10:00の2時間、平昌オリンピックプラザで開催される。
4日PM7:00の温度は氷点下12度、酷寒状態の中でのセレモニー開催となる。
お湯を注いだカップラーメンが5分後には凍り付いたという。
11月4日、同会場で開催されたコンサートはPM5:00に始まりPM7:00には4度前後まで低下し、低体温症で病院に搬送された観客も出ている。
開幕式当日はこれを遥かに超えた比較にならないレベルの寒さ、無事に済むとは思えない。
観客には毛布が支給されるようだが、選手達は酷寒の中2時間も辛抱しなければならず、体調を崩す選手が続出してもおかしくはない。
吹き抜けの天井にシートをかけたり、エアーカーテンを使うなど、しっかりした対策を講じてほしい。

■リンゼイ・ボン(米国)ワールドカップ滑降3連勝
4日、ドイツのガルミッシュパルテンキルヘンで女子滑降第7戦が行われ、リンゼイ・ボンが勝利して今期3連勝目を飾った。
経験がモノ言う競技だけあって流石に強いです。

2月3日

■羽生団体戦欠場し個人戦に懸ける
団体戦を欠場するということは、まだ万全の状態ではないのでしょうから、個人戦1本に懸けるのはプラスに働くでしょう。

Sportsカテゴリの最新記事

Translate »