プログラムを構成する4種類の基本パターン(オンライン)


オンライン系の処理とは、通信回線を利用した処理の形態を指します。

WEB検索などは、インターネット回線を利用した処理形態で良く知られています。

一般的な企業の業務で利用されている処理のパターンは4種類です。

ほとんどの処理は、4種類のパターンの組み合わせで構成されています。

WEBを利用する処理においても例外ではありません。

1.個別検索

特定の商品を画面から入力または選択して、商品の情報を表示するケースが個別検索です。

WEB検索で特定のサイトをクリックして、サイトを閲覧する場合も同様です。

検索する情報はデータベースといわれるデータの集合体から必要な情報を取得します。

商品ならば商品の属性情報、サイトならばサイトの属性情報をデータベースの登録しておくことが検索処理の前提です。

2.一覧検索

商品のジャンルなどを画面から入力して、該当ジャンルの商品を一覧表示するケースが一覧検索です。

WEB検索でキーワードを入力して、該当キーワードのサイトを一覧表示する場合も同様です。

一覧検索の表示結果から選択して個別検索を行う組み合わせは、良く利用されています。

3.登録処理

WEBサイトによくある名前とメールアドレスを登録したり、会員登録などのケースが登録処理です。

4.更新・削除処理

会員登録された後に登録情報を変更したり、登録を抹消するケースが、更新・削除処理です。

当然ですが、更新・削除処理は、登録されていることが前提の処理です。

個別検索で表示した後、更新・削除処理を行うのが一般的な処理の流れになります。

Sponsored Link

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です