COBOL/DISPLAYステートメント


一般的な記述
 
DISPLAY 【常数・変数】「UPON 【SYSOUT・CONSOLE】」
【常数・変数】:常数か変数のいずれかの記述必須
「」内の記述は、任意で以下いずれかを記述する。
UPON SYSOUT
UPON CONSOLE
 
以下は、DISPLAY(表示)命令を使用したプログラムの例です。
 
IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SAMPLE01.
*DISPLAY(表示命令)
*
ENVIRONMENT DIVISION.
*
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
*
PROCEDURE DIVISION.
MAIN.
DISPLAY “HELLO WORLD!”
STOP RUN.
 
解説
 
プログラム中の「DISPLAY “HELLO WORLD!”」という命令は「HELLO WORLD!」という常数を表示する命令です。
常数以外に変数を使用することもできます。
 
例.
01  ABC  PIC X(12) VALUE “HELLO WORKD!”.
DISPLAY ABC.
ABCは変数でABCの値が表示されます。
ABCの値は、「HELLO WORLD!」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です