COBOL/COMPUTEステートメント


【一般的な記述】
 
COMPUTE  項目名1 「ROUNDED」 = 【変数2・数字常数・演算式】「ON SIZE ERROR 命令」
 
①項目名1は、演算結果が格納される領域です。
 
②ROUNDEDを記述すると四捨五入された演算結果となります。(記述しなければ切り捨て)
 
③【項目名2・数字常数・演算式】
 
 それぞれの記述例
 
 項目2 : COMPUTE A = B
 
 数字常数: COMPUTE A = 1
 
 演算式 : COMPUTE A = A + 1(加算)
: COMPUTE A = A – 1(減算)
: COMPUTE A = A * B(乗算)
: COMPUTE A = A / C(除算)
: COMPUTE A = (B + C – D) * E / F
 
④ON SIZE ERROR 命令
 
 桁溢れ(演算結果が項目1の桁を超えた状態)が起きた場合に、命令が実行されます。
 
 エラー処理へ制御を渡すことになりますが通常記述しません。
 
【使用例】
 
以下は、COMPUTE(演算)命令を使用したプログラムの例です。
 
IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SAMPLE04.
*COMPUTE(演算命令)を使用した例
*
ENVIRONMENT DIVISION.
*
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
*
01  WORK-AREA.
03  TANKA   PIC 9(05).
03  SURYO   PIC 9(05).
03  KINGAKU PIC 9(05).
PROCEDURE DIVISION.
MAIN.
DISPLAY “単価を入力してください”.
ACCEPT TANKA.
DISPLAY “数量を入力してください”.
ACCEPT SURYO.
COMPUTE KINGAKU = TANKA * SURYO.
DISPLAY “金額は” KINGAKU “です。”
STOP RUN.

COBOL/COMPUTEステートメント」への4件のフィードバック

  1. viabestbuy.com review

    Fantastic beat ! I would like to apprentice while you amend your web site,
    how can i subscribe for a blog site? The account aided me a acceptable
    deal. I were tiny bit familiar of this your
    broadcast offered vibrant transparent concept

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です