6/6 4:30 Indycar Detoroit GP Start

参議院選挙2022年7月10日/国民の期待を担う保守派政党の躍進

参議院選挙2022年7月10日/国民の期待を担う保守派政党の躍進

2024年7月10日、3年に1度の参議院選挙が実施されます。
今年の選挙で注目されるのは、保守派を掲げる新しい三つの政党、新党くにもり、幸福実現党、参政党です。
既存政党との差別化を計り、選挙前の街頭演説でも好感触を得ているようです。
日本の投票率は50%を割って先進国のなかでは最低レベル、国民の政治意識の低さが顕著に現れています。
これまでは支持する政党がなく、投票から遠ざかっていた人も多いかも知れません。
しかし最近のネットの情報からは、少しづつ国民の意識がかわりつつあるように思えるので、投票率の上昇が期待できそうです。

■党派別候補者数

政党 全議席 改選 比例候補数 選挙区候補数 候補数計
自民党 110 55 33 49 82
立憲民主党 45 23 20 31 51
公明党 28 14 17 7 24
共産党 13 6 25 33 58
国民民主党 12 7 9 13 22
維新 15 6 26 20 46
令和新撰組 2 0 9 5 14
NHK党 1 0 9 73 82
社民党 1 1 8 4 12
無所属 16 8 0 35 35
欠員 2 1      
ごぼうの党     11   11
日本第一     2 8 10
参政党     5 45 50
幸福実現党     1 11 12
新党くにもり     2 8 10
合計 243 120 178 367 545

■2022年保守躍進が始まる

米国ではバイデン政権誕生から2年目を迎えるが、移民問題、アフガン撤退、コロナ対応、さらにエネルギーを巡る経済対策と数々の失政から支持率が急低下、中間選挙では民主党大敗を指摘する声も多い。
一方、トランプは全米各地を回って精力的に演説をこなし、大統領選挙を彷彿する盛況ぶりだ。
フランスでは保守派のルペンが大幅に支持を伸ばし、次期大統領の最有力候補となっている。
大統領選挙で勝利したマクロンではあるが、その後の下院議員選挙では105議席を失う前代未聞の大敗北を喫し、ルペン国民党大躍進のきっかけを作った。
保守派が消えた日本でも今年の参議院選挙では、ようやく保守派の芽が育ち始めており、参政党や幸福実現党がネットを賑わせている。
参政党は、50人もの参議院候補者を擁立して選挙戦に臨む、注目の存在となっている。
投票率が上昇すれば、参議院選挙においても保守派の躍進する予兆が見えてくる。
与党連合が過半数割れとなれば、日本でも保守派の芽が育つきっかけの年となりそうだ。

■激戦区で苦戦が予想される代表候補

幸福実現党と新党くにもり、選挙区の候補者を見ると6つの選挙区で競合しています。
北海道、東京、神奈川、千葉、大坂、兵庫の6つの選挙区です。
ここに参政党が入ってくると、保守派支持の票が3つに分散して、保守派同士の潰し合いになりかねません。
いずれも激戦区ばかりですので、選挙戦略としては疑問が残ります。

Newsカテゴリの最新記事

Translate »