6/6 4:30 Indycar Detoroit GP Start

米国中間選挙2022予備選のスケジュール|鍵を握るのは激戦州の上院選挙

米国中間選挙2022予備選のスケジュール|鍵を握るのは激戦州の上院選挙

今年の米国中間選挙は、州知事、上院、下院など多数の選挙が実施されますが、近年の米国にとって最も重要な選挙になりそうです。
2020年の大統領選挙では、大規模な不正行為のオンパレードでバイデンが大統領選を制するかたちになりました。
選挙で選ばれた大統領ではないと認識されるものの、世界中の多くの人々の疑惑を払拭するには至っていません。
選挙から1年以上経過した現在においても、選挙結果の調査が継続して行われていることは、前代未聞の出来事です。
今年の中間選挙は公正な選挙が実施できるか否かを問われる選挙という意味合いが強く、米国が民主国家として存続できるのか、民主国家の崩壊の道へ進むのかが決まる分岐点となります。

下院議員選挙は、国勢調査による州毎の議員数の割り振りが共和党に有利となり、バイデン政権の支持率が低迷していることを考慮して、共和党圧勝との予想が大勢を占めています。
特に注目すべきは民主党と共和党が同数となっている上院議員選挙で、2020年の大統領選挙の再戦という位置づけになりそうです。
大統領選挙では、激戦州と呼ばれた州で選挙不正の実態が多数報告され、バイデンの勝利という結果になりましたが、公正を欠いた選挙という疑惑がのこりました。
そのため選挙権を制限する新投票法の導入が各州で進められていますが、バイデン政権と民主党はこれを阻止する姿勢です。

■注目される激戦州

勝敗を左右する重要な州は、ペンシルバニア、ウィスコンシン、ミシガン、オハイオ、ジョージア、アリゾナなど6州、特にペンシルバニア、ウィスコンシン、ミシガン、ジョージアは選挙違反のオンパレード、どのような対策を講じるのか注目される。

■予備選の選挙方式

予備選の仕組みは、州によって選挙方式が異なっており、以下に記載する4種類の方式に分類されます。
①CP(Close Primary:閉鎖型)は、特定政党に所属する党員は、所属する政党にしか投票することが出来ない。
②OP(Open Primary:開放型)は、所属する政党に関係なく他の政党に自由に投票出来る。
③MP(Mixed Primary:混合型)は、所属する政党にしか投票することが出来ないが、無所属であれば自由に投票出来る。
④BP(Blanket Primary:自由型)は、所属する政党に関係なく他の政党に自由に投票出来る。
党派に関係なく上位4名を選出して、中間選挙で決戦投票が行われ、過半数の得票で当選が決定する。
過半数を獲得した候補者がいない場合、最下位の候補者を除いて再投票、過半数の候補者が出るまで繰り返される。

■選挙対策

テキサス州では2021年9月、投票権を制限するための新投票法(SB1)が成立した。
24時間利用可能な投票所、ドライブスルー型の投票が禁止となった。
郵便投票の場合、申請時から運転免許証番号や社会保障番号などのIDの記載が新たに義務化され、ハリス郡では郵便投票の申請開始当初、ID番号や必要な署名がないとして差し戻された申請が4割以上と報じられた。
2021年以降に投票制限法が制定された州はテキサス州以外に18州にのぼっている。
劣勢に立たされる民主党は、新投票法成立を阻止して米国民以外の不法移民に投票させるなど、あらゆる手段を駆使して挽回を計っています。
2020年の大統領選挙を再現させるような選挙は、断固として阻止しなければなりません。

◆新投票法制定州

新投票法
A B C D E F G H I J K L M N O P
アラスカ                            
アーカンソー                        
アリゾナ                          
フロリダ                  
ジョージア                    
アイオワ            
アイダホ                              
インディアナ                              
カンザス                        
ケンタッキー                          
ルイジアナ                              
モンタナ                        
ニューハンプシャー                          
ネバダ                              
ニューヨーク                              
オクラホマ                              
テキサス              
ユタ                              
ワイオミング                              
  A B C D E F G H I J K L M N O P

注:制限項目の内容。
A:郵便投票の受付窓口を制限
B:郵便投票の受付期間を短縮
C:永久不在者投票リストへの掲載制限
D:特に要求のない有権者への郵便投票申請書の送付を廃止または制限
E:特に要求のない有権者への郵便投票用紙の送付を廃止または制限
F:有権者の郵便投票用紙を返送する際の支援制限
G:郵便投票箱の数、場所などを制限
H:郵便投票に厳しい署名要件を課す
I:より厳しい投票者の身分証明要件を課す
J:有権者名簿から除外
K:障害のある有権者への障壁を増やす
L:投票の列に並ぶ有権者に軽食、水提供を禁止
M:有権者登録をより困難に
N:投票所の数、開所時間を制限
O:選挙区ごとの有権者数を増やす
P:期日前投票の日数と時間を制限

■中間選挙・予備選スケジュール

予備選スケジュール:5月まで掲載(国:国務長官、司:司法長官)
日程 州知事 上院 下院
AL:アラバマ州 5/24 国司
AK:アラスカ州          
AZ:アリゾナ州          
AR:アーカンソー州 5/24 国司
CA:カリフォルニア州 6/7 国司
CO:コロラド州          
CT:コネチカット州          
DE:デラウェア州          
FL:フロリダ州          
GA:ジョージア州 5/24 国司
HI:ハワイ州          
ID:アイダホ州 5/17 国司
IL:イリノイ州          
IN:インディアナ州 5/3  
IA:アイオワ州 6/7 国司
KS:カンザス州          
KY:ケンタッキー州 5/17    
LA:ルイジアナ州          
ME:メイン州          
MD:メリーランド州          
MA:マサチューセッツ州          
MI:ミシガン州          
MN:ミネソタ州          
MS:ミシシッピ州 6/7      
MO:ミズーリ州          
MT:モンタナ州 6/7      
NE:ネブラスカ州 5/10     国司
NV:ネバダ州          
NH:ニューハンプシャー州          
NJ:ニュージャージー州 6/7      
NM:ニューメキシコ州 6/7  
NY:ニューヨーク州          
NC:ノースカロライナ州 5/17    
ND:ノースダコタ州          
OH:オハイオ州 5/3 国司
OK:オクラホマ州          
OR:オレゴン州 5/17  
PA:ペンシルベニア州 5/17  
RI:ロードアイランド州          
SC:サウスカロライナ州          
SD:サウスダコタ州 6/7
TN:テネシー州          
TX:テキサス州 5/24      
UT:ユタ州          
VT:バーモント州          
VA:バージニア州          
WA:ワシントン州          
WV:ウェストバージニア州 5/10        
WI:ウィスコンシン州          
WY:ワイオミング州          
DC:ワシントンD.C.      
全米合計          

 

Newsカテゴリの最新記事

Translate »