6/6 4:30 Indycar Detoroit GP Start

米国上院議員選挙2022/トランプvsバイデンの大統領選挙第2ラウンド開始

米国上院議員選挙2022/トランプvsバイデンの大統領選挙第2ラウンド開始

米国上院選挙
2022年は米国連邦議員選挙が実施される年、これから中間選挙が始まり共和党と民主党の候補者が選ばれるます。
現在米国は、大統領、上院、下院のすべてで民主党が多数派を占めていますが、今年の選挙では共和党が巻き返す公算が大きいと予想されます。
2020年の大統領選挙によって民主党は米国民の信頼を失い、バイデン政権や民主党の支持率が低迷していることが主な要因としてあげられます。

上院選挙は各州で2名が選出され定員は100名、任期は6年で2年毎に定員の3分の1が選出されます。
6の倍数に当たる年が34名、他の年が33名が再選され、同じ州では最大でも議員1名が再選対象となります。
2022年は、33名が選出される年になりますが、1名が改選となるため、34名が選出されます。
現在の上院議員は共和党50名、民主党50名、改選されるのは共和党20名、民主党14名です。
ワシントンDCは、米国政府直轄の地域で上院議員は存在せず、議決権を持たない下院議員のみ選出対象。

■接戦州の状況

接戦が予想されるのは、アリゾナ、ジョージア、ネバダ、オハイオ、ペンシルバニア、ウィスコンシンなど6州、民主党3議席と共和党3議席が鍵を握る州となりそうです。
オハイオ州とペンシルバニア州の現職上院議員2名(いずれも共和党)は立候補しない意向。
2020年の選挙ではいずれの州も大規模な不正選挙が問題となった州であり、再び同じことが起これば米国の選挙制度は完全に崩壊することになります。
今年の選挙は、2020年の大統領選挙の第2ラウンドとしての位置づけであり、公正な選挙が行われるかが最大の焦点となります。

■予備選の状況

現職議員 政党 立候補
AL:アラバマ州 リチャード・シェルビー 共和 ケイティ・ブリット
    民主 ウィル・ボイド
AZ:アリゾナ州 マーク・ケリー 民主 マーク・ケリー
GA:ジョージア州 ラファエル・ワーノック 民主 ラファエル・ワーノック
    共和 ハーシェル・ウォーカー(T)
ID:アイダホ州 マイク・クレイポー 共和 マイク・クレイポー
    民主 デビッド・ロス
KY:ケンタッキー州 ランド・ポール 共和 ランド・ポール
    民主 チャールズ・ブッカー
NV:ネバダ州 キャサリン・コルテス・マスト 民主 キャサリン・コルテス・マスト
NC:ノースカロライナ州 リチャード・バー 共和 テッド・バット(T)
    民主 シェリ・ビーズリー
OH:オハイオ州 ロブ・ポートマン 共和 J.D.バンス
PA:ペンシルバニア州 パット・トゥーミー 共和 メフメット・オズ(T)
デービット・マコーミック
    民主 ジョン・フェッターマン
WI:ウィスコンシン州 ロン・ジョンソン 共和 ロン・ジョンソン

◆アリゾナ州

アリゾナ州はマーク・ケリー(民主党)の任期満了に伴う選挙が実施されます。
元々共和党の地盤でしたが、2020年の選挙ではカリフォルニア州からの移住が進んだ結果、民主党が台頭し接戦州となっている州です。
民主党の候補者は現職のマーク・ケリー、共和党の候補者はマーク・ブノビッチ氏(州司法長官)、ミック・マクガイア氏(元空軍少将)、ブレーク・マスターズ氏(ベンチャーキャピタリスト)などが立候補。

◆ジョージア州

ジョージア州は、2020年の補欠選挙で当選したラファエル・ワーノック(民主党)の任期満了に伴う選挙が実施されます。
これまで共和党の地盤でしたが、2020年には接戦州に変わってきました。
民主党の候補は、現職のラファエル・ワーノックが再度立候補する。
共和党からは、トランプ氏が支持するハーシェル・ウォーカー氏(元フットボール選手)、ゲーリー・ブラック氏(州農業局長)、レーサム・サドラー氏(元銀行幹部)などが立候補する。

◆オハイオ州

現職の上院議員ロブ・ポートマン氏(共和党)は、再立候補しない意向。
共和党の候補者は、ジョシュ・マンデル氏(前州財務長官)、J.D.バンス氏(作家、ベンチャーキャピタリスト)、バンス氏は、トランプ氏の熱心な信奉者として知られている。
民主党側の候補者は、ティム・ライアン氏(連邦下院議員)、シェロッド・ブラウン上院議員(民主党)が支持を表明している。

5月3日の共和党予備選挙は、トランプ氏が支持するJ.D.バンス氏が当選確実となった。

◆アラスカ州

アラスカ州では、現職のリサ・マコウスキー氏(共和党)が再選を目指して立候補、2021年2月の上院でのトランプ氏弾劾裁判で有罪に投票した共和党員の1人です。
トランプ氏は、ケリー・ツィバカ氏(元アラスカ州行政局委員)を支持する意向。

■連邦上院議員

下記の表では州毎に以下の上院議員の議席数を掲載しています。
(現):改選前の政党別議席数
(新):改選される政党別議席数

状況 民主(現) 共和(現) 民主(新) 共和(新)
AL:アラバマ州     2  

1

AK:アラスカ州     2   1
AZ:アリゾナ州   2   1  
AR:アーカンソー州     2   1
CA:カリフォルニア州   2   1  
CO:コロラド州   2   1  
CT:コネチカット州   2   1  
DE:デラウェア州   2      
FL:フロリダ州     2   1
GA:ジョージア州   2   1  
HI:ハワイ州   2   1  
ID:アイダホ州     2   1
IL:イリノイ州   2   1  
IN:インディアナ州     2   1
IA:アイオワ州     2   1
KS:カンザス州     2   1
KY:ケンタッキー州     2   1
LA:ルイジアナ州     2   1
ME:メイン州   1 1    
MD:メリーランド州   2   1  
MA:マサチューセッツ州   2      
MI:ミシガン州   2      
MN:ミネソタ州   2      
MS:ミシシッピ州     2    
MO:ミズーリ州     2   1
MT:モンタナ州   1 1    
NE:ネブラスカ州     2    
NV:ネバダ州   2   1  
NH:ニューハンプシャー州   2   1  
NJ:ニュージャージー州   2      
NM:ニューメキシコ州   2      
NY:ニューヨーク州   2   1  
NC:ノースカロライナ州     2   1
ND:ノースダコタ州     2   1
OH:オハイオ州   1 1   1
OK:オクラホマ州     2   1
OR:オレゴン州   2   1  
PA:ペンシルベニア州   1 1   1
RI:ロードアイランド州   2      
SC:サウスカロライナ州     2   1
SD:サウスダコタ州     2   1
TN:テネシー州     2    
TX:テキサス州     2    
UT:ユタ州     2   1
VT:バーモント州   2   1  
VA:バージニア州   2      
WA:ワシントン州   2   1  
WV:ウェストバージニア州   1 1    
WI:ウィスコンシン州   1 1   1
WY:ワイオミング州     2    
DC:ワシントンD.C.  
全米合計   50 50 14 20

 

Newsカテゴリの最新記事

Translate »