6/6 4:30 Indycar Detoroit GP Start

米国経済デフォルト危機勃発/民主党3.5兆ドル予算案を巡り内部対立

米国経済デフォルト危機勃発/民主党3.5兆ドル予算案を巡り内部対立

米国経済デフォルト危機勃発

米政府の債務が上限に達している。

9月30日、米議会上下両院は12月3日までのつなぎ予算案を可決して、政府機関の閉鎖は回避された。
しかし、債務上限問題はつなぎ予算案には含まれていないため、米国債のデフォルト危機は回避されていない。
民主党は、つなぎ予算案に債務上限一時凍結を盛り込んだが、上院で否決されている。

債務上限の法的規制があるため米政府は新たに国債を発行して資金を調達することができず、10月18日以降には資金が枯渇してデフォルトに陥ることが懸念される。
デフォルトとなれば、米国債の格付けは現在AAプラスからDへ大幅格下げとなり、国債だけでなくドルの信用を損なうことになる。

同時に米経済の崩壊を意味することになり、世界経済は未曽有の大混乱を招くことは必須となる。
デフォルトを回避するには、債務上限の引き上げ、債務上限の一時凍結、何れかの措置が必要となるが、上院で否決される可能性が出ている。

米政府は、2020年の選挙で大統領、米連邦議会両院で過半数を占めるオールブルーの状態であり、どのような法案も民主党だけで可決できるはずであった。
しかし、民主党上院議員から予算案に反対する声が上がり、予算案見直しがなければ債務上限措置も否決される可能性が優位となっている。
反対表明をしているのは、ジョー・マンチン上院議員で大規模な予算案の縮小を求めている。

米上院は民主党50議席、共和党50議席、副大統領のハリスが1議席で、民主党から1議席でも離反があれば上院で債務上限措置が否決されることになる。

民主党は3兆5000億ドルの予算案を修正しなければ、債務上限問題を解決できない状況にある。
10月18日まであと2週間ほどとなるが、ここから予算案を巡る攻防が展開されることになる。

結論としては、民主党単独で債務上限措置の可決を目指すことになり、最後は妥協案の模索となる。
米経済崩壊に繋がるデフォルトは誰も望んでいないため、3兆5000億ドルの予算案減額で決着する可能性が高い。
デフォルトになれば民主党も終わってしまい、米経済もリーマンショックとは比較にならないダメージを受けることになり、可能性は極めて低いはずだ。

Newsカテゴリの最新記事

Translate »