F1世界選手権2021結果速報/第2戦エミリア・ロマーニャ

F1世界選手権2021結果速報/第2戦エミリア・ロマーニャ

2021年のF1グランプリ第2戦エミリア・ロマーニャGPが4月16日から4月18日にイタリアのイモラ・サーキットで開催されます。
エディンバラ公爵フィリップ殿下の葬儀が英国17日(土)15:00より執り行なわれる事となったため、直前にスケジュールの変更となりました。

■概要

第2戦エミリア・ロマーニャGP
コース イモラ・サーキット
特徴 写真のとおりコース幅が狭くテイクアウトは困難
全長 4909m
コーナー数 21
周回数 63周
周回方向 左回り
平均速度 209km/h
最高速度 329km/h

■スケジュール

第2戦エミリア・ロマーニャGP
イベント 日本時間 現地時間 
FP1 4月16日(金)18:00 4月16日(金)11:00
FP2 4月16日(金)21:30 4月16日(金)13:30
FP3 4月17日(土)18:00 4月17日(土)11:00
予選 4月17日(土)21:00 4月17日(土)13:00
決勝 4月18日(日)22:00 4月18日(日)14:00

■結果

●FP3
角田はピットレーンでの80km/hの制限速度を超過して走行したとして制裁を受けた。

●予選
角田は予選Q1で単独クラッシュ、マシンは大破したがさほどスピードが出ていなかったため、ドライバーは無事とのこと。
FP3ではピットレーンでの速度違反で罰金を科せられ、散々な大会となった。
予選では、レッドブル・ホンダの2台がハミルトンと接戦となり、決勝戦でのペレス、フェルスタッペンの走りに注目される。

●決勝
周回数半分を超えた33周目に入って3番グリッドからスタートしたフェルスタッペンが首位を走行、2番手以降はノリス、ルクレール、ペレス、サインツの順、ハミルトンは8番手に後退している。
今シーズンはハミルトンの独壇場というわけにはいかないかも知れない。
残り20周を切ってフェルスタッペンが2位以下に10秒差を付けて独走、さらに差が広がりつつある。
2位以下はノリス、ルクレール、サインツの順、ぺレスが大きく後退して、ハミルトンが5位にあがってきた。
残り10周、サインツを交してハミルトンが4位、さすがハミルトン2位まで上がる可能性が高そうだ。
さらにルクレールを交してハミルトン3位、残り5周でノリスとハミルトンの2位争い。
フェルスタッペンは、一人異次元のスピードで2位に20秒差を付けて独走中、ほぼ優勝確定。
2位争いは土壇場でハミルトンが2位、ここまで2位を死守してきたノリスは3位と残念な結果となった。

第2戦エミリア・ロマーニャGP
Car ドライバー チーム FP3 予選 決勝
33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1 3 1
44 ルイス・ハミルトン メルセデス 3 1 2
4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 2 7 3
16 シャルル・ルクレール フェラーリ 5 4 4
55 カルロス・サインツ フェラーリ 7 11 5
3 ダニエル・リカルド マクラーレン 13 6 6
18 ランス・ストロール アストンマーティン 12 10 7
10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 6 5 8
7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 19 16 9
31 エステバン・オコン アルビーヌ・ルノー 10 9 10
14 フェルナンド・アロンソ アルビーヌ・ルノー 9 15 11
11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 4 2 12
22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 11   13
99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 18 17 14
5 セバスチャン・ベッテル アストンマーティン 14 13 15
47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 16 18 16
9 ニキータ・マゼビン ハース・フェラーリ 20 19 17
77 バルテリ・ボッタス メルセデス 8 8 DNF
63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 15 12 DNF
6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 17 14 DNF

 

MotorSportsカテゴリの最新記事

Translate »