5/14indycar2022 GMR-GP

ネット銀行が採用するサービス優遇制度の仕組み(顧客ランク制度)

ネット銀行が採用するサービス優遇制度の仕組み(顧客ランク制度)

ゼロ金利が続くなか大手銀行では手数料ばかりが高くサービスの質が低下する傾向にあります。
逆にネット銀行では顧客優遇制度を拡充してサービス向上差別化を計る傾向があります。
ネット銀行では、顧客のランクによってサービスを利用する際の優遇措置が決められています。
振込手数料やATM利用手数料の一定回数を無料にするものです。
ランクを決める基準は各社様々ですが、提供するサービスの利用状況を判定して決定されます。
このページではネット銀行各社のランクの仕組みをまとめています。
ランクの仕組みやサービスの優遇措置を知ることで、自分に合ったネット銀行を選別するのに役立つでしょう。

■ネット銀行顧客優遇制度

◆住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行が採用するランクは1~4のスマプロランクが設定されます。
口座開設月と翌月の2ヶ月目まではランク1となり、3ヶ月目からは2ヶ月目の利用状況によってランク判定が行われます。
ランクアップには、スマート認証NEOの登録が必須となりますから、口座開設月に登録すれば3ヶ月目には、少なくてもランク2が確定します。
ランク2の優遇措置は、振込手数料が5回、ATM手数料が5回無料となり、他社と比較しても断然有利な条件です。
ランクの判定は、毎月月末時点で行われて2ヶ月後のランクに反映されます。 ランク3以上にアップするには結構ハードルが高くなりますので、メリットとデメリットを考慮して決めれば良いでしょう。

住信SBIネット銀行
スマプロランク ランク判定条件
ランク1 口座開設
ランク2 スマート認証NEOの登録
ランク3 月末総預金残高300万以上など
ランク4 外貨預金と仕組預金の月末合計残高500万円以上など

◆楽天銀行

楽天銀行が採用する会員ステージは1~5のランクが設定され、毎月25日終了時点で利用状況を判定して翌月の会員ステージに反映されます。

楽天銀行
会員ステージ ランク判定条件
ベーシック 口座開設
アドバンスト 口座残高10万以上、取引5回以上のいずれか
プレミアム 口座残高50万以上、取引10回以上のいずれか
VIP 口座残高100万以上、取引20回以上のいずれか
スーパーVIP 口座残高300万以上、取引30回以上のいずれか

◆ソニー銀行

ソニー銀行が採用する優遇プログラム「クラブS」でのランクは3種類のステージが設定され、毎月月末終了時点で利用状況を判定して2ヶ月後のステージに反映されます。
ランクの判定は毎月行われますが、3月と9月以外ではランク落ちとならない仕組みです。

ソニー銀行
ステージ ランク判定条件
なし 口座開設
シルバー 月末の総残高(預金、投資信託)300万以上、外貨預金積立月3万円以上、投資信託積立月3万円以上のいずれか
ゴールド 口座残高総額500万円以上
プラチナ 口座残高総額1000万円以上

◆auじぶん銀行

じぶん銀行が採用するランクは1~5のじぶんプラスが設定され、毎月20日終了時点で利用状況を判定して翌月のランクに反映されます。
じぶんプラスの判定には、以下の利用状況が判定基準の要素となります。
①預り資産残高
②じぶん銀行toto購入額合計
③給与振込
④au PAYへのオートチャージ
⑤じぶん銀行すまほデビットの決済額合計

auじぶん銀行
じぶんプラス ランク判定条件
じぶん+1 預り資産残高10万円未満:他の判定条件クリアーでランクアップ
じぶん+2 預り資産残高10万円以上:他の判定条件クリアーでランクアップ
じぶん+3 預り資産残高50万円以上:他の判定条件クリアーでランクアップ
じぶん+4 預り資産残高100万円以上:他の判定条件クリアーでランクアップ
じぶん+5 預り資産残高300万円以上:他の判定条件クリア

◆PAYPAY銀行

優遇措置の顧客ランクは採用されていません。

◆大和ネクスト銀行

優遇措置の顧客ランクは採用されていません。

Lifeカテゴリの最新記事

Translate »