住信SBIネット銀行を利用して振込手数料を無料にする方法

住信SBIネット銀行を利用して振込手数料を無料にする方法

住信SBIネット銀行は、名前の通り住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資するネット銀行です。
ネット銀行ですから店舗はありませんが、郵貯銀行、イオン銀行、セブン銀行、コンビニのATM、PCや携帯端末などで利用できます。
毎月の家賃、駐車場、マンションの管理費など、定期的な振込を自動化して振込手数料を無料にすることで、無駄な時間や出費を節約できます。
他にも豊富な種類のサービスを提供していて、自分に合ったサービスを利用して、少しづつ生活改善を目指しましょう。
まずは家賃や駐車場など、毎月発生する振込手続きの自動化に取り組んでみてください。

■メリット

●定額自動入金
他行の銀行口座から住信SBIネット銀行への定額自動入金で、振込手数料を無料に出来ます。
●定額自動振込
住信SBIネット銀行から他行の銀行口座への定額自動振込で、振込手数料を無料にできます。
ランクによって無料振込の回数が決定する仕組みで、最初の2ヶ月間はランク1で1回分無料、3ヶ月目からランク2となって5回分無料となります。(ランク2にはスマート認証NEOの登録が必要)
無料回数を超えた他行への振込でも振込手数料は77円と低額です。
最初に自動化の設定をしておけば、あとは毎月自動で振り込みができるので、振込の手間がかからず手数料を節約出来ます。
●セキュリティ
スマホやタブレットがあれば、携帯端末での生体認証機能でセキュリティ面の安全性が確保されます。

■デメリット

●窓口がない
ネット銀行ですので店舗の開設がないため窓口での相談が出来ません。
●ポイント還元
ポイント還元サービスもありますが特別高還元とはいえませんので、ポイント獲得だけを目的とする人にはあまりおすすめできません。
●仕組みが複雑
振込の自動化だけであれば簡単な設定で済みますが、預金の種類やSBI証券との連動などを利用する場合、仕組みが少し複雑で理解しにくいところがあります。

■スマートプログラム

スマートプログラムは、ランクによってATM利用手数料無料回数(ATMの入出金回数)、振込手数料無料回数(他金融機関宛の振込回数)が決定する仕組みです。
スマート認証NEOに登録するだけでランク2となりますから、ATMの入出金手数料、他の金融機関への振込手数料がそれぞれ月5回まで無料となります。
ランクを上げるためにはスマート認証NEOへの登録が必須で、ランクを2に上げなければ利用するメリットは少ないです。
一般的な利用範囲であればランク2で毎月の手数料はカバーできるでしょう。
但し、ランクに反映されるのは登録月の翌々月ですので、スマート認証NEOに登録してから翌々月にランクが上がります。
スマート認証NEOは住信SBIネット銀行のアプリとスマホに登録された本人確認情報を紐づけする機能でセキュリティの強化に繋がります。
PCしか利用しない場合でも、スマートフォンやタブレットを持っていれば、スマート認証NEOに登録しておけば不正操作の防止効果があります。

Lifeカテゴリの最新記事

Translate »