植物繊維の働きと摂取基準


植物繊維

植物繊維は炭水化物の多糖類に分類されていますが、体内で消化吸収されないためエネルギー源とはなりません。
エネルギー源にはなりませんが、腸内環境を整える重要な働きがありますので、健康を維持するためには摂取する必要があります。
植物繊維の種類には、水に溶ける水溶性植物繊維と水に溶けない不溶性植物繊維の2種類があります。

水溶性植物繊維

小腸での栄養素の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑え、コレステロールを吸着して体外に排出するため血中コレステロール値を低下させます。
さらにナトリウムを排出して高血圧予防の効果があります。
肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧、動脈硬化などの成人病予防効果を発揮します。
野菜、果物、海藻類、納豆、豆類、キノコ類、玄米などの精製していない穀物、コンニャクなどに多く含まれています。

不溶性植物繊維

水分を吸収して体積を増やすことで便秘を改善し、有害物質を吸着して体外へ排出させるため、腸内環境を整えて大腸癌のリスクを低下させる効果があります。
植物の細胞壁を構成するセルロースやヘミセルロース、リグニン、エビやカニの殻に含まれるキチンなどがあります。
さらに水溶性、不溶性いずれの植物繊維もビフィズス菌などの善玉菌のエサになるため、腸内環境改善には欠かせない成分と言えます。

植物繊維の摂取量

平成27年国民栄養健康調査によると成人の平均摂取量が15g、日本人の植物繊維の摂取量は不足傾向にあります。
厚生労働省食事摂取基準における目標値は20gを生活習慣病の予防のためとしています。
さらに摂取エネルギー量1000kcal毎に14gの摂取が推奨されています。
体内に吸収されないため、摂取量の上限は特に定められていません。
食材の見直しをするなど積極的に植物繊維を摂取する対策が必要になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です