ブルーライトカット/生活習慣で対処する


ブルーライトの影響は生活習慣によって対処できます。

1.テレビやPC、スマートフォンのディスプレイを長時間見ないこと。

ブルーライトの光を目で見ることによって角膜や網膜に負担をかけるため、ディスプレイを見る時間を少なくすることが最大の対処法となります。

厚生労働省発表「新VDT作業ガイドライン」によるとVDT(Visual Display Terminals)作業について具体的な記載があります。

①連続して1時間を超えないようにすること。

②連続作業の間に10~15分の作業休止時間を設けること。

2.部屋の照明を適切にすること。

ディスプレイの明るさと部屋の明るさに大きな差があると、目の負担が増します。

暗い部屋でディスプレイを見ると目に過度の負担を及ぼしますので、避けるようにしましょう。

3.夜間にディスプレイ見ないこと。

夜型生活が定着してきた現代では難しいことではありますが、夜遅い時間にディスプレイを見ると目の負担だけでなく体内リズムに変調を与えます。

人は夜になると徐々に体温が低下して睡眠を誘発するホルモンが分泌されますが、ディスプレイを見ることで脳が覚醒して睡眠の妨げとなってしまいます。

その結果、睡眠の質が下がり睡眠不足で集中力不足、日中眠くなる、などの要因となります。

4.ディスプレイの設定

生活習慣とは関係ありませんが、テレビやPC、スマートフォンではディスプレイの設定変更やアプリを利用することでディスプレイの輝度やブルーライトの量を減少させることができます。

Sponsored Link








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です