ブルーライト対策/デジアイの効果


ブルーライト対策はブルーライトの光を目に入れないことが最善の対策ですが、ダメージを受けてしまった場合は少しでも早い対処が必要です。

ブルーライトによる目のダメージを修復する目薬も効果が期待できますが、ブルーライトに特化した目薬は現時点で2種類しかありません。

私が利用しているのは、この2種類のうちのひとつでロートデジアイです。

一日中PCに向かい合う生活習慣を続けてきたため、視力の低下に始まって、段々焦点が合わせずらくなってきました。

そのために眼精疲労、目の痛み、ケイレンなどの症状をともなうようになり、ブルーライト対策に踏み切らざるを得ない状況まで目にダメージを負いました。

ブルーライトは波長が短く目のなかで散乱するため、ピンと合わせを頻繁に行うことになります。

ピンと合わせのために筋肉の収縮を繰り返し、目の筋肉を披露させます。

デジアイにはピンとを合わせる筋肉に作用する成分ネオスチグミンメチル硫酸塩と、角膜の組織代謝を促進して修復する活性型ビタミンB2を最大濃度配合まで配合されています。

実際に使ってみると数日で目の疲労感が緩和され、ピント合わせのために目を細めることが少なくなってきました。

角膜細胞の修復については実感できるものではありませんが、目の疲労感には一定の効果を実感できました。

今まで目薬を使用してもあまり効果を感じたことがありませんでしたので、期待はしていなかったのですが、予想以上の効果を実感しています。

他の目薬と比較はできませんが、目の疲れが緩和されただけで集中力も出てきましたので、満足感はあります。

同時に長時間継続してPCに向かうのを控えるように意識しています。

PCなどのLEDディスプレイを長時間利用している人には、デジアイを試してみてはどうですか。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です