Google

Googleは世界で最も利用されている検索エンジンを開発していて、ネット広告を運営する最大手の会社です。

WEB検索だけでなく動画検索でもYouTubeは最も利用されている動画検索エンジンです。

そのほかにもネットを活用するための多くのサービスが提供されていて、これらのサービスを理解し学ぶことはネットを活用する上で大変有効な知識となります。

デジタルワークショップは初心者のためにネットを活用する基礎的な知識を無料で体系的に学ぶことができる学習内容となっているため、お薦めの教材です。

SearchConsoleはサイトのSEO対策を実施するためには欠かすことのできない必須スキルで、学んで理解したところから少しづつ実践していけば必ず効果を実感できるようになります。

クロールとインデックスに必要な3つの実施事項

sponsord link style=”width: 700px; text-align: left; vertical-align: top;”> クロールとインデックスについて再確認しておきましょう。   ①Google検索エンジンは、個々のサイトをクロールしてサイトの情報収集を行います。   ②クロールによって収集された情報を分析して、サイトの情報をインデック […]

コメントなし

デジタルワークショップでネット活用術を学ぶ

sponsord link デジタルワークショップ(digitalworkshop)はGoogleが提供しているインターネットを活用するための基礎知識を学べる講座です。 インターネットを活用すると、「どのようなことが出来るのか」、「どのようなメリットがあるのか」、「何をすれば良いのか」を学ぶことが出来ます。 誰でも無料で学ぶことが出来て、自分のペースで学習を進めることができるので、無理なく知識を習 […]

コメントなし

SearchConsole/クロールエラーの種類と原因

クロールエラーは、クローラがサイトをクロールするときに発生するエラーです。 クロールエラーが発生すると、サイトのクロールが行われなくなったり、一回のクロールするページが減少する要因となります。 SEOにとってはマイナス要因となりますので、適切な対処をすることが必要となります。 1.サイトエラー サイトエラーは、Search Consoleのダッシュボードのパネルに表示されます。 緑色で☑が表示され […]

コメントなし

SearchConsole/robots.txtの設定方法

【Robots.txt】 Robots.txtは、クローラに対して巡回するサイト要素(Webページ、画像、ファイル)に制約条件を定義するための定義です。 制約条件とはクロールする必要のない要素を定義して無駄なクロールを抑止することです。 クローラは、1度の巡回で全てのサイト要素をクロールするわけではありません。 閲覧者に有効なサイト要素にクロールを集中させるためには、無駄なクロールを排除する必要が […]

1件のコメント

Page Speed Insights

サイトの表示スピードは、訪問者の利便性に大きな影響を与えます。 多くの訪問者は、表示速度の遅いページの閲覧を敬遠します。 Page Speed Insightsは、ページの表示スピードを評価するツールです。 サイト全体ではなく、ページ毎に分析を行いますので、ページ数の多いサイトは大変です。 「ウェブページのURLを入力」欄にURLを入力して、「分析」ボタンをクリックするだけで Googleの分析結 […]

コメントなし

SearchConsole/サイト登録手順

【Search Consoleへのサイト登録】   Search Consoleの登録の際、サイト所有権の確認を行うため All in One SEO Pack(プラグイン)をインストールする必要があります。   プラグインのインストールは以下を参照してください。    プラグインのインストール方法     Google Search ConsoleのURL   https://www.googl […]

2 comments

SearchConsole/機能と必要性

Sponsord Link サイト所有者は、自分のサイトにより多くの人が集まってくることを望んでいます。   そのためには、サイトに訪れる人に価値のある情報を提供して、それを知ってもらう必要があります。   SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)は、特定のキーワードで検索したときに検索結果をより上位に表示させるための方法です。   Google Sear […]

コメントなし
Translate »