6/6 4:30 Indycar Detoroit GP Start

ツールドフランス2021/開催日程・参加チーム&選手

ツールドフランス2021/開催日程・参加チーム&選手

■第108回ツールド・フランス

今年も自転車競技最大のイベント、ツール・ド・フランスでの3週間に及ぶ激戦が始まる。
2020年のツール・ド・フランスは、第9ステージから第19ステージまでログニッチが総合首位の座を守り、誰もがログニッチのマイヨジョーヌを確信していたが、土壇場の第20ステージでボガチャルに逆転を許してしまった。
その1年前の1919年には、アラフィリップが終盤まで総合首位の座を守っていたが、悪天候による影響でレースが中止され山頂ゴールの措置が取られたため、不運にもアラフィリップが首位の座を失いマイヨジョーヌを38年ぶりにフランスに持ち帰ることが叶わなかった。
フランス中がアラフィリップの総合優勝を確信して沸き上がったが、土壇場になって失望のどん底に叩き込まれてしまった。
今年フランスの選手が総合優勝となれば、ちょうど40年ぶりの優勝となる。
ツール・ド・フランスでは最後にどのようなドラマが待っているか誰にも予想することは出来ない。
終盤になって勝利を意識したところで不運が起こる、予想外の結末になるところは、ゴルフのメジャー大会と良く似ているように思える。
2021年ツール・ド・フランスは6月26日から開催される、例年では7月に開催される大会であるが、昨年はコロナの影響で延期され8月の開催となり、今年は東京オリンピックの影響によって6月からの開催となった。
3383mの距離を21日間で走破する過酷なレース、今年は山岳コースが6ステージ、丘越えコースが5ステージ、平坦コースが8ステージ、昨年から山岳コース1つ減少して平坦コースが増加している。
ポイントは終盤2ステージの山岳コース、予想ではここで勝負が決まりそうに思えるが、予想外の結果も十分可能性がある。

■関連記事

東京オリンピック自転車競技2021/会場&日程&結果 ツールドフランス2021有力選手ピックアップ ツールドフランス2021コース紹介

■ツールドフランス総合成績

第9ステージ結果(7/4)
第9ステージ結果
No 選手 チーム Time
1 ベン・オコーナ オーストリア AG2R  
2 マティア・カッタネオ イタリア ドゥクーニング・クイックステップ +0:05:07
3 ソンニ・コルブレッリ イタリア バーレーン +0:05:34
4 ギョーム・マルタン フランス コフィディス +0:05:36
5 フランク・ボナムール フランス B&B +0:06:02
6 タディー・ポガチャル スロベニア UAEエミレーツ +0:06:02
7 リチャル・カラパス エクアドル イネオス +0:06:34
8 ヨナス・インゲガード オランダ ユンボ・ウィズマ +0:06:34
9 エンリク・マス スペイン モビスター +0:06:34
10 リゴベルト・ウラン コロンビア EFエデュケーション +0:06:34
  プリモシュ・ログリッチ スロベニア ユンボ・ウィズマ DSN
  マチュー・ファンデルプール オランダ アルぺシン DSN
マイヨジョーヌ(個人総合)
No 選手 チーム Time
1 タディー・ポガチャル スロベニア UAEエミレーツ  
2 ベン・オコーナ オーストリア AG2R +0:02:01
3 リゴベルト・ウラン コロンビア EFエデュケーション +0:05:18
4 ヨナス・インゲガード オランダ ユンボ・ウィズマ +0:05:32
5 リチャル・カラパス エクアドル イネオス +0:05:33
6 エンリク・マス スペイン モビスター +0:05:47
7 ウィルコ・ケルダーマン オランダ ボーラ・ハンスグローエ +0:05:58
8 アレクセイ・ルツェンコ カザフスタン アスタナ +0:06:12
9 ギョーム・マルタン フランス コフィディス +0:07:02
10 ダヴィド・ゴデュ フランス グルパマFDJ +0:07:22
  ペリョ・ビルバオ スペイン バーレーン +0:08:38
マイヨヴェール(ポイント賞)
No 選手 チーム Point
1 マーク・カヴェンディッシュ イギリス ドゥクーニング・クイックステップ 168
2 マイケル・マシューズ オーストラリア バイク・エクスチェンジ 130
3 ソンニ・コルブレッリ イタリア バーレーン 121
4 ヤスパー・フィリプセン ベルギー アルペシン 102
5 ナセル・ブアニ フランス アルケア 99
5 ジュリアン・アラフィリップ フランス ドゥクーニング・クイックステップ 99
7 タディー・ポガチャル スロベニア UAEチーム 89
8 ペーター・サガン スロバキア ボーラ・ハンスグローエ 72
9 マティー・モホリッチ スロベニア バーレーン 62
10 カスパー・アスグリーン デンマーク ドゥクーニング・クイックステップ 50
マイヨアポワ(山岳賞)
No 選手 チーム Point
1 ナイロ・キンタナ コロンビア アルケア 50
2 マイケル・ウッズ カナダ イスラエル 42
3 ワウト・プールス オランダ バーレーン 39
6 ギョーム・マルタン フランス コフィディス 14
7 マテイ・モホリッチ スロベニア バーレーン 11
8 ディラン・トゥーンス ベルギー バーレーン 10
9 タディ・ポガチャル スロベニア UAEエミレーツ 10
10 マティア・カッタネア イタリア ドゥクーニング・クイックステップ 9
10 ルーカス・ハミルトン オーストラリア バイクエクスチェンジ 9
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
No 選手 チーム Time
1 タディ・ポガチャル スロベニア UAEエミレーツ  
2 ヨナス・ウィンゲガード デンマーク ジャンボウィズマ +0:05:00
3 ダヴィド・ゴデュ フランス グルパマFDJ +0:05:52
4 オレリアン・パレパントル フランス AG2R +0:07:33
5 ルーカス・ハミルトン オーストラリア バイク・エクスチェンジ +0:31:48
総合敢闘賞
No 選手 チーム ステージ
  イーデ・スヘリング オランダ ボーラ・ハンスグローエ 1
  エドワード・トゥーンスト ベルギー トレック・セガフレード 2
  ミヒャエル・シェア スイス AG2R 3
  ブレント・ファンムール ベルギー ロットスーダル 4
  グレッグ・ファンアーヴェルマート ベルギー AG2R 6
  マテイ・モホリッチ スロベニア バーレーン 7
ドサール・ジョーヌ(チーム総合時間賞)
No チーム   Time
1 ユンボ・ヴィスマ オランダ    
2 トレック・セガフレード アメリカ   +0:00:13
3 EFエジュケーション アメリカ   +0:02:25
4 バーレーン・ヴィクトリアス バーレーン   +0:03:07
5 アスタナ・プレミアテック カザフスタン   +0:04:40
6 ドゥクーニング・クイックステップ ベルギー   +0:06:12

■開催日程

第108回ツール・ド・フランス開催日程
日程 ステージ 距離 コース
06/26 第1ステージ 187km ブレスト〜ランデルノー(丘越)
06/27 第2ステージ 182km ペロス・ギレック〜ミュール・ド・ブルターニュ(丘越)
06/28 第3ステージ 182km ロリアン〜ポンティビー(平坦)
06/29 第4ステージ 152km ルドン〜フジェール(平坦)
06/30 第5ステージ 27km シャンジェ〜ラヴァル(個人TM)
07/01 第6ステージ 144km トゥール〜シャトールー(平坦)
07/02 第7ステージ 248km ヴィエルゾン〜ル・クルゾ(丘越)
07/03 第8ステージ 151km オヨナ〜ル・グラン・ボルナン(山岳)
07/04 第9ステージ 145km クルーズ〜ティニュ(山岳頂上ゴール)
07/05 休息日    
07/06 第10ステージ 186km アルベールヴィル〜ヴァランス(平坦)
07/07 第11ステージ 199km ソルグ〜マロセーヌ(山岳)
07/08 第12ステージ 161km サン・ポール・トロワ・シャトー〜ニーム(平坦)
07/09 第13ステージ 220km ニーム〜カルカソンヌ(平坦)
07/10 第14ステージ 184km カルカソンヌ〜キヨン(丘越)
07/11 第15ステージ 192km セレ〜アンドラ・ラ・ヴィエイユ(山岳)
07/12 休息日    
07/13 第16ステージ 169km パ・ド・ラ・カーズ〜サン・ゴダンス(丘越)
07/14 第17ステージ 178km ミュレ〜サン・ラリー・スラン(山岳頂上ゴール)
07/15 第18ステージ 130km ポー〜リュス・アルディデン(山岳頂上ゴール)
07/16 第19ステージ 203km ムランクス〜リブールヌ(平坦)
07/17 第20ステージ 31km リブールヌ〜サン・テミリオン(個人TM)
07/18 第21ステージ 127km シャトゥ〜パリ〜シャンゼリゼ(平坦)
  全長距離 3383km 平坦(9)、丘越(5)、山岳(5)、個人TM(2)

■参加チーム・選手

2021年のみの特別措置として、22チームから1チーム増加して23チームが出場可能となった。
UCIワールドチーム(19チーム)、UCIワールドランキング最上位のプロチームからアルペシン・フェニックス、残り3枠は地元フランスのB&Bホテルズ・KTM、アルケア・サムシック、トタル・ディレクトエネルジーが選出された。
総勢23チームx8名で184選手が出場することになる。
6月にはいって、かなりの出場選手が出揃ってきた。

昨シーズンは旧スカイから5連覇中の王者イネオスは、エースのベルナルが怪我の影響で後半には体調不良となり、第17ステージでリタイアとなったため連勝記録がストップした。
今年は再起を懸けて出場してくるものと思っていたが、ジロ・デ・イタリアに回り総合優勝を達成した。
ペルナルにとって山岳色の強いイタリアのほうが、優勝の可能性が高かったように思うが、応援する選手が出場してこないのは残念だ。
今年のイネオスのエースは、2018年総合優勝のゲラント・トーマスとなる。

第108回ツール・ド・フランス2021参加チーム&選手
No 参加チーム 参加選手
1 AG2R LA MONDIALE
アージェードゥーゼール・ラモンディアール
(フランス)
COSNEFROY Benoît
GODON Dorian
NAESEN Oliver
O’CONNOR Ben
PARET-PEINTRE Aurélien
PETERS Nans
SCHÄR Michael
VAN AVERMAET Greg
2 ASTANA PRO TEAM
アスタナ・プロチーム
(カザフスタン)
FUGLSANG Jakob
ARANBURU Alex
DE BOD Stefan
FRAILE Omar
GRUZDEV Dmitriy
HOULE Hugo
IZAGIRRE Ion
LUTSENKO Alexey
3 BAHRAIN – MERIDA
バーレーン・メリダ
(バーレーン)
Pello Bilbao
Sonny Colbrelli
Jack Haig
Dylan Teuns
Wout Poels
Matej Mohoric
Fred Wright
Marco Haller
4 BORA – HANSGROHE
ボーラ・ハンスグローエ
(ドイツ)
Daniel Oss
Lukas Pöstlberger
Ide Schelling
Wilco Kelderman
Peter Sagan
Nils Politt
Emanuel Buchmann
Patrick Konrad
5 COFIDIS, SOLUTIONS CRÉDITS
コフィディス・ソリュシオン・クレディ
91 MARTIN Guillaume
92 FERNÁNDEZ Rubén
93 GESCHKE Simon
94 HERRADA Jesús
95 LAPORTE Christophe
96 PEREZ Anthony
97 PÉRICHON Pierre-Luc
98 WALLAYS Jelle
6 DECEUNINCK – QUICK-STEP
ドゥクーニンク・クイック・ステップ
(ベルギー)
Julian Alaphilippe
Kasper Asgreen
Michael Mørkøv
Davide Ballerini
Mattia Cattaneo
Tim Declercq
Dries Devenyns
Mark Cavendish
7 EF EDUCATION FIRST
EFエジュケーション・ファースト
(アメリカ)
Magnus Cort
Stefan Bissegger
Ruben Guerreiro
Sergio Higuita
Neilson Powless
Jonas Rutsch
Rigoberto Urán
Michael Valgren
8 GROUPAMA – FDJ
グルパマ・エフデジ
(フランス)
Bruno Armirail
Arnaud Démare
David Gaudu
Jacopo Guarnieri
Iganatas Konovalovas
Stefan Küng
Valentin Madouas
Miles Scotson
9 TEAM INEOS
チーム・イネオス
(イギリス)
2019年総合優勝者エガン・ベルナル不参加
Richard Carapaz
Jonathan Castroviejo
Tao Geoghegan Hart
Michal Kwiatkowski
Richie Porte
Luke Rowe
Geraint Thomas
※2018年総合優勝
Dylan van Baarle
10 アンテルマルシェ・ワンティー・ゴベールマテリオ
(ベルギー)
MEINTJES Louis
BAKELANTS Jan
KOCH Jonas
ROTA Lorenzo
VAN POPPEL Boy
VAN POPPEL Danny
VLIEGEN Loïc
ZIMMERMANN Georg
11 イスラエル・スタートアップネイション
(イスラエル)
Michael Woods
Dan Martin
Chris Froome
Omer Goldstein
André Greipel
Reto Hollenstein
Guillaume Boivin
Rick Zabel
12 LOTTO SOUDAL
ロット・スーダル
(ベルギー)
Harry Sweeny
Brent van Moer
Caleb Ewan
Jasper de Buyst
Tosh van der Sande
Thomas de Gendt
Roger Kluge
Philippe Gilber
13 MOVISTAR TEAM
モビスター・チーム
(スペイン)
Alejandro Valverde
Carlos Verona
Enric Mas Nicolau
Imanol Erviti
Iván Garcia Cortina
Jorge Arcas
Marc Soler
Miguel Angel Lopez Moreno
  チーム・バイクエクスチェンジ
(オーストラリア)
Esteban Chaves
Luke Durbridge
Amund Grøndahl Jansen
Lucas Hamilton
Chris Juul-Jensen
Michael Matthews
Luka Mezgec
Simon Yates
15 チーム・ディーエスエム
(オランダ)
Søren Kragh Andersen (DEN)
Tiesj Benoot (BEL)
Cees Bol (NED)
Mark Donovan (GBR)
Nils Eekhoff (NED)
Joris Nieuwenhuis (NED)
Casper Pedersen (DEN)
Jasha Sütterlin (GER)
16 TEAM JUMBO-VISMA
ユンボ・ヴィスマ
(オランダ)
Wout van Aert
Primož Roglič
※2020年総合2位
Mike Teunissen
Robert Gesink
Jonas Vingegaard
Tony Martin
Sepp Kuss
Steven Kruijswijk
17 クベカ・アソス
(南アフリカ)
Simon Clarke
Michael Gogl
Victor Campenaerts
Max Walsheid
Sean Bennett
Nic Dlamini
Sergio Henao
Carlos Barbero
18 TREK-SEGAFREDO
トレック・セガフレード
(アメリカ)
Bauke Mollema
Mads Pedersen
Jasper Stuyven
Vincenzo Nibali
Kenny Elissonde
Julien Bernard
Toms Skujins
Edward Theuns
  UAE TEAM EMIRATES
UAEチーム・エミレーツ
(アラブ首長国連邦)
Mikkel Bjerg
Rui Costa
Marc Hirschi
Davide Formolo
Vegard Stake Laengen
Rafał Majka
Brandon McNulty
Tadej Pogačar
※2020年総合優勝
20 アルペシン・フェニックス
(ベルギー)
UCIプロチーム/ランキング最上位
Mathieu van der Poel
Silvan Dillier
Tim Merlier
Xandro Meurisse
Jasper Philipsen
Jonas Rickaert
Kristian Sbaragli
Petr Vakoč
21 B&Bホテルズ・KTM
(フランス)
UCIプロチーム/主催者推薦
Cyril Barthe
Franck Bonnamour
Maxim Chevalier
Bryan Coquard
Cyril Gautier
Cyril Lemoine
Quentin Pacher
Pierre Rolland
22 チーム・アルケア・サムシック
(フランス)
UCIプロチーム/主催者推薦
Nairo Quintana
Warren Barguil
Nacer Bouhanni
Connor Swift
Anthony Delaplace
Daniel Mclay
Elie Gesbert
Clément Russo
23 トタル・ディレクトエネルジー
(フランス)
UCIプロチーム/主催者推薦
LATOUR Pierre
BOASSON HAGEN Edvald
CABOT Jérémy
DE LA PARTE Víctor
DOUBEY Fabien
RODRÍGUEZ Cristián
SIMON Julien
TURGIS Anthony

 

Cycleカテゴリの最新記事

Translate »