Golf

1/4ページ
  • 2019.08.13

世界ゴルフランキングの仕組み

世界ゴルフランキング(Official World Golf Ranking)は、PGAツアー国際連盟に加盟する主要ツアー(または準ずるツアー)で獲得したポイントの平均値でランキングを決定する。 ランキングは現在の選手の実績を客観的に数値化したもので、ツアーやトーナメントの難易度によって獲得するポイントが異なる。 ランキングの順位によって参加できるツアーやトーナメントの参加資格などに適用されたり、 […]

  • 2019.08.05

全英女子オープン/渋野日向子・ゴルフの王女様誕生までの軌跡

2019年全英女子オープン最終日、優勝を争った5人の選手のプレーを振り返ってまとめてみました。 終盤5人のスコアが1打差となる大激戦、最終ホールまで優勝の行方がわからない全英女子オープンにふさわしい名勝負となりました。 ■全英女子オープン最終日(1番~9番) ファーストナイン(1~9番ホール)上段:スコア/下段:通算スコア Hole   1 2 3 4 5 6 7 8 9 Per 36 4 5 4 […]

  • 2019.08.03

2019全英女子オープン優勝/渋野日向子のスコア表/プロフィール

■全英女子オープン開幕 メジャー最終戦となる全英女子オープンが8月1日からウォーバーンGC・マルケスコース(イングランド)全長6756ヤード、パー72にて開幕。 ウォーバーンGCは内陸部の山林コース、過酷な自然環境のリンクスと違って山林に囲まれた温暖な気候で日本のゴルフコースに近いため、日本選手にはプレーしやすいと言われます。 ●初日 渋野日向子、フロントナインは4番でボギーが先行、8番をバーディ […]

  • 2019.07.31

2019全英女子オープン/渋野日向子・苦しい激戦を制して優勝

■全英女子オープン メジャー最終戦となる全英女子オープンが8月1日から開幕 2018年はロイヤルリザム・セントアンズGCにて開催され、地元イングランド出身のジョージア・ホールが優勝。 今年はウォーバーンゴルフ・カントリークラブ(イングランド/ミルトン・キーンズ)で開催され、6756ヤード、パー72で行われる。 1984年に岡本綾子が日本人として唯一全英女子オープン優勝者となったのがウォーバーンゴル […]

  • 2019.07.26

WGCフェデックス招待リーダーボード/3日目マキロイ圧巻8アンダー

■WGCフェデックス・セントジュード招待 7月25日、テネシー州メンフィスでフェデックス・セントジュード招待が開催、会場はTPCサウスウィンド、全長7,244ヤード、パー70。賞金増額10,250,000ドル。 日本からは松山英樹、今平周吾、市原弘大、堀川未来夢の4名が参加。 ●1日目 ジョン・ラームが8アンダーで単独トップ、3打差2位グループに松山英樹、今平周吾の日本勢を含む5名が続いている。 […]

1 4
Translate »