COBOL」カテゴリーアーカイブ

COBOL言語

データベースのテーブル操作/UPDATE


【UPDATEステートメント】
 
UPDATEステートメントは、テーブルのデータを更新するためのステートメントです。
 
売上テーブルから任意のお客様番号、売上年月、商品コードをキーとして数量と金額を更新するSQLを記述してみます。
 
キーは、お客様番号=CUST01、売上年月=200001、商品コード=A0000001。
 
更新する列名と値は、数量=20、金額=20000とします。
 

SALTBL(売上テーブル)

お客様番号 売上年月 商品番号 単価 数量 金額
CUSTCD(6桁) SALYM(6桁) SYOHIN(8桁) TANKA(6桁) SURYO(6桁) KINGAKU(6桁)
CUST01 200001 A0000001 1000 10 10000
CUST01 200001 B0000001 2000 10 20000
CUST02 200001 A0000001 3000 10 30000
(1)売上テーブルを更新するSQL
 
EXEC SQL
     UPDATE  SALTBL
       SET
             SURYO   = 20,
             KINGAKU = 20000
     WHERE   CUSTCD = ‘CUST01’
       AND   SALYM  = ‘200001’
       AND   SYOHIN = ‘A0000001’
END-EXEC.
 
(2)登録した結果を判定する
 
EVALUATE SQLCODE
  WHEN   ZERO
         更新できた場合の処理を行う
  WHEN   OTHER
         異常発生時の処理を行う
END-EVALUATE.
 
(1)の部分がSQLステートメントです。
 
①SQLを記述する場合、先頭に「EXEC SQL」最後に「END-EXEC」
と記述します。
 
②「UPDATE」は、テーブルを更新する場合に記述します。
 
③「SALTBL」は、更新するテーブル名(SALTBL)を記述します。
 
④SETは、更新するテーブルの列名(項目名)と値を記述します。
 複数の列名を更新する場合、「,」を記述して次の列名を記述します。(最後の列名の後は「,」を記述しない。
 
⑤「WHERE」は、更新する行を特定するためのキーの記述です。
 
(2)はUPDATEの結果を判定して、対応する処理を行います。
  結果の判定はSQLCODEという項目名の値を判定します。
  DBMSの種類によって、SQLCODEの値の意味が異なりますので注意が必要です。
 
①正常に更新できた場合、SQLCODEはZEROになりますので、正常に更新された場合の処理を行います。
 
②WHEREで記述したキーが存在しない場合、SQLCODEは-100になりますので、更新するデータが存在しない場合の処理を行います。
 
③上記以外いずれでもない場合は、異常状態ですからこれ以上処理を継続することはできません。
 一般的な処理は、異常状態を知らせる処理を行って終了します。
 

データベースのテーブル操作/INSERT


INSERTステートメントは、テーブルに登録するためのステートメントです。
以下は、売上テーブルにデータを登録する記述です。
登録するデータは、お客様番号=CUST03、売上年月=200002、 商品番号=C0000001、単価=1500、数量=1、金額=1500とします。

 SALTBL(売上テーブル)

お客様番号 売上年月 商品番号 単価 数量 金額
CUSTCD(6桁) SALYM(6桁) SYOHIN(8桁) TANKA(6桁) SURYO(6桁) KINGAKU(6桁)
CUST01 200001 A0000001 1000 10 10000
CUST01 200001 B0000001 2000 10 20000
CUST02 200001 A0000001 3000 10 30000

(1)売上テーブルに登録するSQL

EXEC SQL
     INSERT  INTO SALTBL
             CUSTCD,
             SALYM,
             SYOHIN,
             TANKA,
             SURYO,
             KINGAKU
     VALUE   ‘CUST03’,
             ‘200002’,
             ‘C0000001’,
             1500,
             1,
             1500
END-EXEC.
 
(2)登録した結果を判定する
 
EVALUATE SQLCODE
  WHEN   ZERO
         参照できた場合の処理を行う
  WHEN   重複時のコード
         対象のキーが登録済の処理を行う
  WHEN   OTHER
         異常発生時の処理を行う
END-EVALUATE.
 
(1)の部分がSQLステートメントです。
①SQLを記述する場合、先頭に「EXEC SQL」最後に「END-EXEC」
と記述します。
②「INSERT」は、テーブルへ登録する場合に記述します。
③「INTO SALTBL」は、登録するテーブル名(SALTBL)を記述します。
④テーブルの列名(項目名)を記述します。
 通常は、全ての列名を記述する。
 列名と列名に「,」を記述する。(最後の列名の後は「,」を記述しない。
⑤「VALUE」の後に④で記述した列名に対応する値を記述する。
 
(2)はINSERTの結果を判定して、対応する処理を行います。
結果の判定はSQLCODEという項目名の値を判定します。
DBMSの種類によって、SQLCODEの値の意味が異なりますので注意が必要です。
正常に参照できた場合、SQLCODEはZEROになりますので、正常に登録された場合の処理を行います。
キー重複が起きた場合、登録されませんので未登録の場合の処理を行います。
上記いずれでもない場合は、異常状態ですからこれ以上処理を継続することはできません。
一般的な処理は、異常状態を知らせる処理を行って終了します。

 

 


データベースのテーブル操作/SELECT


SELECTステートメントは、テーブルを参照するためのステートメントです。      
売上テーブルから任意のお客様番号、売上年月、商品番号をキーとして全ての項目を参照するためのSQLを記述してみます。      
参照するキーは、お客様番号=CUST01、売上年月=200001、商品番号=A0000001とします。

 SALTBL(売上テーブル)

お客様番号 売上年月 商品番号 単価 数量 金額
CUSTCD(6桁) SALYM(6桁) SYOHIN(8桁) TANKA(6桁) SURYO(6桁) KINGAKU(6桁)
CUST01 200001 A0000001 1000 10 10000
CUST01 200001 B0000001 2000 10 20000
CUST02 200001 A0000001 3000 10 30000

(1)売上テーブルを参照するSQL      
EXEC SQL      
     SELECT * FROM SALTBL      
       WHERE CUSTCD = ‘CUST01’      
         AND SALYM  = ‘200001’      
         AND SYOHIN = ‘A0000001’      
END-EXEC.      
      
(2)参照した結果を判定する      
EVALUATE SQLCODE      
  WHEN   ZERO      
         参照できた場合の処理を行う      
  WHEN   100      
         対象のキーが存在しない処理を行う      
  WHEN   OTHER      
         異常発生時の処理を行う      
END-EVALUATE.      
      
(1)の部分がSQLステートメントです。      
①SQLを記述する場合、先頭に「EXEC SQL」最後に「END-EXEC」      
と記述します。      
②「SELECT」は、テーブルを参照する場合に記述します。      
③「*」は、テーブルの項目全てを参照する場合に記述します。      
 「*」の代わりに以下のように記述することもできます。      
 コーディング規則で「*」を使用禁止としている企業も少なくありません。      
      
   SELECT      
   CUSTCD,      
      SALYM,      
      SYOHIN,      
      TANKA,      
      SURYO,      
      KINGAKU      
     FROM SALTBL      
     INTO      
   :CUSTCD,      
      :SALYM,      
      :SYOHIN,      
      :TANKA,      
      :SURYO,      
      :KINGAKU      
     WHERE CUSTCD = ‘CUST01’      
       AND SALYM  = ‘200001’      
       AND SYOHIN = ‘A0000001’      
      
(2)はSQLで参照した結果を判定して、対応する処理を行います。      
結果の判定はSQLCODEという項目名の値を判定します。
DBMSの種類によって、SQLCODEの値の意味が異なりますので注意が必要です。
ここではIBMのDB2を使用した場合を想定しています。
正常に参照できた場合、SQLCODEはZEROになりますので、参照項目を使用した処理を行います。
対象データが存在しない場合、SQLCODEは-100になりますので、参照項目は使用できません。 
この場合は、対象なしの処理を行います。      
上記いずれでもない場合は、異常状態ですからこれ以上処理を継続することはできません。      
一般的な処理は、異常状態を知らせる処理を行って終了します。      
補足ですが、テーブルを定義するときにユニークキー項目(重複しないキー)を定義する必要があります。      
ここで記述したSELECTを発行する場合、ユニークキーを使用するか、重複しないキー項目をキーとして参照しなければなりません。      
対象データが複数存在した場合、SQLCODEはZEROでも-100でもない値となり異常状態となってしまいます。      
SQLを発行できるツールの動作では複数データ参照可能ですが、COBOLで使用するSELECTでは1回のSQLで複数データを参照することはできません。