求人情報」カテゴリーアーカイブ

フリーエンジニアの求人/レバテックフリーランス


サービス概要

『レバテックフリーランス』はご登録頂いたフリーランス(個人事業主)のエンジニア、デザイナー様にWeb系を 中心とした案件情報をご提案しております。

Web業界・技術に精通した専門のコーディネーターが、ご登録者様に対して、 案件への参画前から参画後まで、ご提案やキャリアに関するご相談などのサポートを提供致します。

特徴・サポート内容

・業界最大級の案件を保有。

・業界トップクラスの高単価報酬、低マージン。

・コーディネータの実績、丁寧な対応。無理な案件のご提案は致しません。

・案件参画中のフォローの充実。人材担当、企業担当の他に、フォロー専門の担当がおります。

・早期の契約更新確認。契約の途切れの不安を解消するよう、徹底した早期確認を行なっています。

・参画者優待サービス。宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケットの特典満載。

募集条件

①地域 :関東圏
②年齢 :20代~40代
③職種 :web系エンジニア、web系以外の詳細はご確認ください

 

Sponsored Link

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス


フリーエンジニアの求人/PE-BANK


PE-BANKは、フリーエンジニアにとって働きやすい仕事と生活を支援する会社です。

PE-BANKが提供するサービスは、営業代行、確定申告、福利厚生、技術教育の充実したサポートです。

これらのサポートによって安定した仕事と安心な生活を確保することができ、仕事に集中することができます。

PE-BANKが提供する4つのサービス

1.営業代行

PE-BANKでは、フリーエンジニアのスキルに見合う安定した仕事と収入を得るためのサポートを行っています。

750社以上の企業からの5万件を超える豊富な案件の中から自分のスキルに合った仕事を探すことが出来ます。

ほとんどのエージェントが提示していない契約の内容も全て提示されます。

わずかな手数料で豊富な優良案件を探すことができることは、フリーエンジニアにとって大きなメリットといえます。

フリーエンジニアの営業活動の範囲は限られてきますし、仕事に従事しながら次の仕事を探すことは非常に困難です。

仕事を探すためのサポートをするコーディネータは募集企業の担当者とコンタクトしてニーズを把握していますから、個人のスキルに合った仕事を探すには大きな手助けとなります。

事務作業についても請求、入金確認、契約上のトラブルなどの業務を代行していますから、安心して仕事に従事することが出来ます。

2.納税申告

PE-BANKでは、フリーエンジニアの納税申告のサポートを行っています。

フリーエンジニアにとって煩わしい仕事が納税申告です。

特に、税制上の特典を受けられる青色申告は提出する書類も増えるため大変な負荷がかかります。

確定申告のサポートを受けることで、申告書類を作成する負荷が軽減されます。

3.福利厚生

フリーエンジニアにとって、福利厚生の環境はないに等しいものですが、PE-BANKでは、フリーエンジニアに福利厚生の環境を提供しています。

健康管理、レジャー、ショッピングなど割安で利用できる日常生活を応援するサービスがあります。

共済会制度に加入すれば、万が一の事態に備えて、事業保障や生活保障のサポートを受けられます。

4.技術教育

PE-BANKでは、フリーエンジニアのスキルアップをサポートする教育補助金制度があります。

IT技術の進歩は早く、IT技術者は常に新しい技術を習得しスキルアップを目指していかないと将来の仕事に対する備えが十分とは言えなくなります。

スキルアップを目的としたセミナー、講座、資格試験の費用補助、各種研究会や勉強会を開催しています。

全国に9か所の拠点

札幌
宮城
東京
愛知
大阪
京都
岡山
広島
福岡

契約までのステップ

1.キャリア相談会/登録会
随時開催

2.会社説明/個別面談
会社概要の説明、個別面談による希望、スキルの把握

3.営業活動
スキルに合った仕事を探すサポート

4.条件の提示/合意/共同受注契約
契約内容は全て提示されますので、合意のもとで契約成立となります。

5.契約手続き/仕事開始
各種契約手続き後、仕事開始となります。

フリーエンジニア同士の交流が提供されていますので、有益な情報を入手する手段が増えますし人脈作りにもなります。

まずは登録して自分のスキルを客観的に知ることで今後の対策を講じてみてはいかがでしょうか。

sponsord link

ITエンジニアの方へ総合的なサポートをお約束します。【Pe-BANK】


IT技術者人材不足


2020年問題としてIT技術者の人材不足が深刻と言われています。

人口比率の高い高齢者層が定年を迎えIT技術者が減少する一方で、それを補う若年層の新規参入が見込めず、IT技術者不足が深刻になるというものです。

IT技術者の人材不足の要因にはどのようなものがあるのかをまとめてみました。

1.コンピュータやインターネットの利用範囲が拡大

従来コンピュータは科学技術計算、事務計算などに利用されることが主流となっていましたが、インターネットの急速な普及によってIT技術の利用範囲が拡大しています。

特にWEBを活用した集客、販売を目的としたビジネスモデルは急速に増加し、WEB系技術者の需要も増加の一途をたどってきました。

スマートフォンなど携帯端末の利用者の増加も拍車をかける大きな要因として挙げられます。

コンピュータの利用は家電、自動車、電機メータ、防犯など様々な用途にも拡大し、制御系技術者やデータを分析するアプリケーション系技術者の需要増の要因となっています。

我々の住む現代社会では、コンピュータやインターネットなしには成り立たない生活環境、社会環境になっているのです。

2.高齢者の定年

人口比率の高い高齢者層の定年でIT分野の技術者は年々減少傾向にあります。

人口比率の低い若年層の参入はそれを補うには不十分と言えるでしょう。

特にこれまで主流となっていた基幹業務に従事する技術者は、経験の浅い若年層の技術者では業務要件に対応するのか難しいでしょう。

3.仕事と報酬のギャップ

経費削減や人材不足を補う手段として大規模な開発プロジェクトでは、人件費の安い中国などにオフショアしています。

IT技術者への報酬はリーマンショック以降低下傾向にあり、徐々に持ち直しの傾向にはありますが、業界特有の下請け構造が定着しているため報酬の上昇の妨げとなります。

さらに、日本の労働報酬は、周辺のアジア諸国の労働賃金にサヤ寄せしているとも言えます。

そうなると今後も労働報酬の上昇は期待することができないということになります。

IT業界の報酬は、決して安いとは言えませんが、仕事がきつく長時間労働が定着している業界で、仕事と報酬のギャップを嫌って若年層の人気がある業種とは言えません。

そのため若年層の人材獲得は容易ではない状況にあり、今後もその傾向が変わることは見込めません。

まとめ

コンピュータやインターネットの利用用途が拡大し、IT技術者の需要も増加傾向が続く一方で、IT技術者が年々減少傾向にあり、人材不足が深刻化しています。

IT技術者は需要と供給にギャップがあり、何らかの改善策を講じなければ、この問題を解消することは困難です。

逆の見方をすれば、IT技術者は将来有望な業種へと変化する可能性があります。

多くの技術者が仕事に追われてスキルアップに無頓着な傾向である反面、実際に高額報酬を得ている技術者も少なくはありませんし、技術者としての価値を高めれば高額報酬を得る機会は十分にある業界といえます。

高額報酬を得るには、転職エージェントを訪問して、どのようなスキルが必要なのかを知り、自分に足りないスキルを身に付ける努力を続けるだけのことです。

sponsord link