NEWS」カテゴリーアーカイブ

スクート(LCC)ハワイ片道9900円の安さ・評価も好評


スクート(LCC)魅力は価格の安さ

昨年の12月にシンガポール航空系の格安航空会社(LCC)スクートが関西空港-ハワイ・ホノルル路線を開設しました。
関西空港-ホノルル路線の運賃は、キャンペーン価格で片道9900円という安さで利用できます。
手頃な価格で利用できることで、新規の利用者を増やす「新しい需要創出」を目指しているようです。
LCCといえば安く利用できる分、座席が狭く快適さに欠けるイメージがありますが、LCCで良く利用されている小型機ではなく、この路線は大型機のボーイング787型機です。
座席の幅も大手国内線と同等で、80センチ弱ありますので決して狭いということはありません。
座席はエコノミー311席、スクートビズ18席(幅の広い席)を保有しています。
利用客の多い時期の価格ではありませんが、キャンペーンも頻繁に実施していますので、選択技の一つに加える価値は十分にあります。
機内食と手荷物預かりは運賃には含まれていませんので、セットでの申し込みと、別料金で利用するかは利用者の選択によります。
座席にはモニターが付いていませんので、携帯端末を持ち込んで利用するしかありません。
有料のWifi、映画鑑賞のできるスクートTVのサービスが提供されています。
利用者からの評価はなかなか好評で、別路線も増やしてほしいとの要望も出ているようです。
一時期と比べると円安が進み海外旅行も少し敷居が高くなってきましたが、これだけ運賃が安いのであれば、利用したいと思う人も増えてくるんではないでしょうか。

 

Sponsored Link


4大陸選手権エキシビジョン中に突然停電/スマホの照明で乗り切る


4大陸選手権大会、最高のパフォーマンスで感動と思い出を残した大会となりました。


27日に行われた4大陸フィギュア選手権エキシビジョンの演技中に突然、照明が落ちるハプニングが起こりました。
ペア優勝者の演技中に起こった突然のハプニングに音楽がストップ、演技も中断されてしまいました。
残すところはただ1人の演技者、男子優勝の金博洋(中)を迎えるだけという場面であった。
するとそのとき、会場から拍手と声援が沸き起こり、観客がスマートフォンの明かりをリンクに照らし始めたのでした。
選手たちもそれに答えるように、エラジ・バルデ(カナダ)が後方宙返り、金博洋は4回転ルッツを披露。
北朝鮮、米国のペアも演技を披露して会場を盛り上げる場面もありました。
観客と選手が一体となって素晴らしいパフォーマンスが演じられました。
会場に足を運んだ観客も選手達も、忘れられない感動と思い出を残してくれた大会になったのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 


寒波の影響/インフルエンザ流行警報発令(東京都)


東京都の発表

15~21日に都内の定点医療機関(419カ所)から報告された患者数は1カ所当たり49.67人。
前週(22.84人)から倍増した。都はこまめな手洗いや室内の適度な加湿(50~60%程度)などによる予防をよびかけている。
都によると、保育所や幼稚園、小学校での集団感染が増えている。今シーズン検出されたウイルスは、季節性が46.9%、B型41.6%--などとなっている。

予防措置

毎年のことで語り尽くされているようですが、それでもインフルエンザの集団感染は日常的に起きていて、今年も東京都の発表では1週間で感染者が2倍以上(10000人以上)も増加しています。
ここのところ寒波の影響で風邪や低体温症に掛かるリスクも高まっています。
予防措置も限られていますが、感染リスクは確実に減少しますので、出来ることは実践していきましょう。

ワクチンの予防接種

ワクチンには生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドの3種類があります。
・生ワクチンは生きている病原体(ウィルスや細菌)の毒性を弱めて作られたものです。
・不活化ワクチンは病原体の感染力や毒性をなくす処理を施して作られたものです。
・トキソイドも不活化ワクチンの一種で、毒性をなくした病原体でつくられたものです
毒性や感染力を弱めたり、なくしたりする処理をしているため、人体に入っても病気にはなりません。
人体にワクチンとして投与すると免疫細胞によって異物として退治され体外へ排出されます。
このときに免疫細胞は病原体の退治方法を抗体(後天免疫)として体内に蓄積していきます。
その後、同じ種類の病原体が侵入しても退治する抗体があるため、病気に掛からずに退治できるわけです。
毎日5000個ほどの癌の病原体も同じ仕組みで退治されているため、癌に感染しないで済んでいます。
免疫細胞が正常に機能していれば病気に掛かりにくい健康体を維持することができます。
ワクチンを接種していないと、病原体を退治するための抗体がないので、免疫細胞が活発に活動して病原菌を退治するため体温の上昇が起こります。
体温の上昇は免疫細胞が活発に活動している結果として起きる症状です。
普段から規則正しい生活とバランスの取れた食事を心掛けて、免疫力を正常に保つことが大切なことです。

手洗い

インフルエンザ感染者が触れた電車のつり革などから手にウィルスが付着して、鼻や口に触れることで感染するケースがあります。
こまめに手を洗ったり、アルコール除菌剤を利用すれば手に付いたウィルスを落とせますので効果が期待できます。

マスク

インフルエンザ感染者の咳やくしゃみによってウィルスが移されることがあります。
ガーゼだけのマスクではウィルスが容易に通過してしまうでしょう。
防菌マスクを利用して手洗いやうがいを行えば、効果は期待できます。

部屋の湿度を保つ

乾燥した部屋にはウィルスが空気中を浮遊する環境にあり、口や鼻から吸い込んで感染する原因になります。
一定の湿度を保っていれば、ウィルスは浮遊できずに下に落ちますから、鼻や口からウィルスが侵入することを防げます。
保湿器を利用したり、濡れた洗濯物を部屋干しするのも効果的です。
保湿器は床などの低い位置に置くよりも、高い位置で利用するほうが効果があります。

まとめ

インフルエンザの感染から失命することもありますから対策を怠らないようにしましょう。
万が一感染してしまったらすぐに病院で治療を受けましょう。
会社勤務であれば、二次感染防止のため出社を控えさせる企業が多いですから治療に専念できます。
体の生命を維持してくれている細胞達に感謝を忘れず、健康への配慮に気を配って日常生活を送ることを願っています。

 

Sponsored Link