NetEngineer」カテゴリーアーカイブ

ネットワークエンジニアの資格/CCENT

CCENT(Cisco Certified Network Entry Networking Technician)

CCNAは米国最大手のネットワーク機器メーカーであるシスコ・システムズが実施する認定資格試験です。
試験に合格するとネットワークエンジニアとしての基礎技術を習得したことを認定されるCCENT資格を取得できます。
日本での知名度も高く大変人気のある資格試験としてCCNAがありますが、CCENTはその前段階の入門者向けの資格試験です。
CCENT取得者はCCNA試験の100-105J(ICND1)が免除され、200-105J(ICND2)に合格すればCCNAを取得できます。

メリット

ネットワークの基礎を体系的に身に付けることができること。
世界共通基準の資格ですから、自身のスキルを客観的に評価できること。
資格を取得することにも価値はありますが、それ以上に資格取得のために学習を重ねることでスキルの向上が期待できることにあります。

おすすめしたい人

ネットワークの勉強をしたいと思っている未経験者の人。
ネットワーク関連の仕事に従事したい学生。
現在ネットワーク関連の仕事に従事していてスキルアップを目指したい人。

CCENTのレベル

シスコ技術者認定には、以下の5種類のレベルがあります。
1.最上級:アーキテクト(CCAr)
2.上級:エキスパート(CCDE・CCIE)
3.中級:プロフェッショナル(CCDP・CCNP)
4.初級:アソシエイト(CCDA・CCNA)
5.入門:エントリー(CCENT・CCT)

CCENTの難易度

CCENTの難易度としては5レベル中5番目の入門レベルという位置にあります。
CCNAの試験が年々難易度が上がっているため、その前段階の資格試験として実施されるようになっています。

CCENTの試験と受験料

CCENTの資格を取得するには、以下の試験に合格する必要があります。
民間の資格認定試験は受験料が高額に設定される傾向があり、CCENTも同様です。
100-105J:ICND1(19,800円)
CCENT資格保有者は、200-105J:ICND2(19,800円)に合格すればCCNAを取得できます。

CCENTの試験範囲と配点

試験の種類:100-105J ICND1
出題数:45~55問(90分)
■ネットワークの基礎(配点:20%)
■LANスイッチング・テクノロジー(配点:26%)
■ルーティング・テクノロジー(配点:25%)
■インフラストラクチャ・サービス(配点:15%)
■インフラストラクチャ・メンテナンス(配点:14%)

詳細はこちらから確認してください。

CCNAを取得するには、合わせて以下の試験に合格する必要があります。
200-105J ICND2
■ネットワークの基礎
■LAN スイッチング テクノロジー
■ルーティング テクノロジー
■WAN テクノロジー
■インフラストラクチャ サービス
■インフラストラクチャの運用

まとめ

CCNAの取得を前提にするならば2つの選択があります。
200-125J:CCNA(39,800円)を受験して1回で取得する。
100-105J:ICND1(19,800円)を取得してから200-105J:ICND2(19,800円)を取得する。
前者は1回の受験でCCNAを取得できますが、合格しないと39,000円を失うことになります。
後者は2回の受験が必要になりますが、合格しないと18,900円を失いますが半分で済みますからリスク分散できます。
試験は月~土曜日のほぼ毎日実施していますから、十分な学習を積んで臨むようにしたいです。

ネットワークエンジニアの資格/CCNA

CCNA(Cisco Certified Network Associate)

CCNAは米国最大手のネットワーク機器メーカーであるシスコ・システムズが実施する認定資格試験です。
試験に合格するとネットワークエンジニアとしての基礎技術を習得したことを認定されるCCNA資格を取得できます。
日本での知名度も高く大変人気のある資格試験で毎年多くの受験者からの応募があります。

メリット

ネットワークの基礎を体系的に身に付けることができること。
世界共通基準の資格ですから、自身のスキルを客観的に評価できること。
資格を取得することにも価値はありますが、それ以上に資格取得のために学習を重ねることでスキルの向上が期待できることにあります。

おすすめしたい人

ネットワークの勉強をしたいと思っている未経験者の人。
ネットワーク関連の仕事に従事したい学生。
現在ネットワーク関連の仕事に従事していてスキルアップを目指したい人。

CCNAのレベル

シスコ技術者認定には、以下の5種類のレベルがあります。
1.最上級:アーキテクト(CCAr)
2.上級:エキスパート(CCDE・CCIE)
3.中級:プロフェッショナル(CCDP・CCNP)
4.初級:アソシエイト(CCDA・CCNA)
5.入門:エントリー(CCENT・CCT)

CCNAの種類

CCNAには8種類の試験がありますが、一般的に受験の対象とされているのは、CCNA Routing and Switchingです。
Routing and Switching
Security
Collaboration
Cloud
Industrial
Data Center
Service Provider
Wireless

CCNAの難易度

CCNAの難易度としては5レベル中4番目の初級という位置にあります。
初級といっても年々難易度が上がっていて、上位資格のCCNPの問題が出題されることもあります。
ただネットワークの基礎を習得していれば、それほど難解な内容ではありません。
未経験者のためにエントリー(CCENT・CCT)が提供されるようになりました。

CCNAの試験と受験料

CCNAの資格を取得するには、以下の2種類のいずれかに合格する必要があります。
民間の資格認定試験は受験料が高額に設定される傾向があり、CCNAも同様です。
200-125J:CCNA(39,800円)
100-105J:ICND1(19.800円)及び200-105J:ICND2(19.800円)、合計で39,600円
CCENT資格保有者は、200-105J:ICND2(19.800円)

CCNAの試験範囲

200-125J CCNA
・LAN スイッチング テクノロジー
・ルーティング テクノロジー
・WAN テクノロジー
・インフラストラクチャ サービス
・インフラストラクチャ セキュリティ
・インフラストラクチャの管理

100-105J ICND1
・ネットワークの基礎
・LAN スイッチングの基礎
・ルーティングの基礎
・インフラストラクチャ サービス
・インフラストラクチャの運用

200-105J ICND2
・ネットワークの基礎
・LAN スイッチング テクノロジー
・ルーティング テクノロジー
・WAN テクノロジー
・インフラストラクチャ サービス
・インフラストラクチャの運用

未経験者歓迎/完全無料のネットワークエンジニア養成講座・就職支援

ネットビジョンアカデミーのネットワークエンジニアジニア養成講座

ネットビジョンアカデミーが提供している受講料無料のネットワークエンジニア養成講座のご紹介です。
本講座は、ネットワークエンジニアの養成と就職斡旋のサポートを連携したプログラムで2か月のコースとなります。
講座終了後は成果を実証するCCNA(受験料は自己負担で税抜き36,400円)を取得する必要があります。
CCNA(Cisco Certified Network Associate)はシスコ技術者認定 CCNA Routing & Switchingと言われ、日本では人気の高いネットワークエンジニアの基本的なスキルを認定する世界共通基準の試験です。
ネットワークエンジニアの試験のなかでは難易度はさほど高いものではありませんが、ネットワークエンジニアとしての最初の1歩として取得することは価値のあることだと思います。
受験料は決して安いとは言えませんので、受験する以上は準備万端で絶対合格するつもりで臨むべきでしょう。

受講資格
年齢18歳~30歳の男女

講座受講のメリット
■受講料と就職斡旋のサポートが無料で受けられます。
“講座受講では経験豊富な講師陣による講義、実機演習、就職活動では履歴書、職務経歴書の添削、
面談練習等を徹底サポート”
■格安な住居の紹介
シェアハウス賃貸大手のハナサカスと提携し、家具、家電付きで都心へのアクセスが便利なシェアハウスを紹介しています。
敷金、礼金なし、家賃も最大2か月分無料で提供され、東京での賃貸負担を軽くするよう配慮されています。
但し、初期費用が保証金(1万円)と寝具代合わせて3万8千円と入校前月分(日割計算)については自己負担となります。
※保証金の1万円は返却されます。

お薦めできる人
・地方在住で東京で就職したい人
・未経験でIT業界の仕事に従事したい人
・アルバイトで生計を立てている人

お薦め理由
・IT業界の仕事は地方では少なく、東京、大阪、名古屋周辺地域に集中していますので、東京で仕事に従事するメリットが大きいこと。
・IT業界、特にインターネット関連は拡大の一途で、仕事の種類も多く将来性があります、選択技は多岐に渡っているため自分にあった仕事を見つけるには最適であること。
・アルバイトや派遣などは単純労働の仕事が多く、経験を積んで仕事に習熟しても高いスキルが身に付きませんが、IT業界の仕事は単純な仕事から高度なスキルを必要とする仕事まで様々です。
高度なスキルを身に付けたいと願うならば、より重要な仕事と高い報酬を得られる機会があります。
独立して個人で仕事をしている人、会社を設立した人なども大勢いる業界で、近い将来には会社を作って独立することもさほど難しいことではありません。

詳細については、以下のページで確認してください。

sponsord link