searchconsole」カテゴリーアーカイブ

SearchConsole/サイト登録手順


【Search Consoleへのサイト登録】
 
Search Consoleの登録の際、サイト所有権の確認を行うため
All in One SEO Pack(プラグイン)をインストールする必要があります。
 
プラグインのインストールは以下を参照してください。
 
 
 
Google Search ConsoleのURL
 
 
1.「プロパティーの追加」ボタンをクリックする。
 
  「プロパティーを追加」パネルが表示される。
 
2.サイトのURLを入力して、「追加」ボタンをクリックする。
 
  所有権確認パネルが表示される。
 
3.「別の方法」タブをクリックする。
 
4.「HTMLタグ」のラジオボタンをクリックする。
 
5.パネルにメッセージが表示される。
 
  (content=”?”の”で囲われた「?」の部分をコピーする)
 
  【表示されるメッセージの内容】
 
  1. 以下の meta タグをコピーして、サイトのホームページにある <head> セクション内の、
 
  最初の <body> セクションの前に貼り付けます。
 
  <meta name=”google-site-verification” content=”ここに表示された文字をコピーする” />
 
6.自サイトのダッシュボードを表示する。
 
7.コピーした文字をAll in One SEO Pack・一般設定・ウェブマスター承認・Google
  ウェブマスターツールの入力欄に張り付ける。
 
8.「設定を更新」ボタンをクリックする。
 
9.Search Consoleの所有権確認パネルの「確認」ボタンをクリックする。
 
  「所有権が確認されました。」と表示されれば、登録終了です。

SearchConsole/機能と必要性


Sponsord Link




サイト所有者は、自分のサイトにより多くの人が集まってくることを望んでいます。
 
そのためには、サイトに訪れる人に価値のある情報を提供して、それを知ってもらう必要があります。
 
SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)は、特定のキーワードで検索したときに検索結果をより上位に表示させるための方法です。
 
Google Search Consoleは、このSEOを実施するためのツールの一つです。
 
グーグルの検索エンジンは、GoogleBotというクローラーによって、サイトの情報収集を行っています。
 
クローラーは、いろいろな方法でサイトをクロール(巡回)して、サイトの情報収集、分析を行い、結果をDB(DataBase)に蓄積します。
 
サイトの情報を蓄積することをインデックスといい、インデックスされることによってはじめて検索結果に反映されてきます。
 
まずは、検索結果に反映されることが最初のステップになります。
 
Google Search Consoleは、クローラの巡回を即したり、巡回しやすくするための環境整備をするための機能を提供しています。
 
クローラが巡回してインデックスされるまでに発生したエラー情報を参照し、エラーを解消させるためにも必要となります。
 
正常にインデックスされたあとは、検索されたページ、キーワード、検索数などの有効な情報を提供してくれます。
 
サイトの分析、評価、問題点の把握など、よりよいサイトに成長させるおおきな助けとなります。
 
Google Search Consoleを理解することは、SEO対策を行うための基本となる必須スキルです。


Sponsored Link