GOOGLE」カテゴリーアーカイブ

SearchConsole/robots.txtの設定方法


【Robots.txt】

Robots.txtは、クローラに対して巡回するサイト要素(Webページ、画像、ファイル)に制約条件を定義するための定義です。

制約条件とはクロールする必要のない要素を定義して無駄なクロールを抑止することです。

クローラは、1度の巡回で全てのサイト要素をクロールするわけではありません。

閲覧者に有効なサイト要素にクロールを集中させるためには、無駄なクロールを排除する必要があります。

そうすることによって、有効なページの検索順位が上がっていく可能性が高くなります。

Robots.txtの定義

①User-Agent: *
 User-AgentはGoogleやYahooだけでなく多数あります。
 「*」は、全てのユーザエージェントを対象とする定義です。

②Allow:/
 使用する機会は少ないと思いますが、
 「/」は、サイトフォルダー配下の全てをクロール対象とする定義ですが、定義なしでも全て対象となります。
 クロール対象外としたフォルダー配下の一部のファイルをクロールさせる場合、以下のように定義する。
  Disallow:/test/
  Allow:/test/test.html

③Disaliow:/s/
 「/test/」は、testフォルダー配下の全てをクロール対象外とする定義です。

④1行分空行

⑤Sitemap: http://サイトアドレス/sitemap.xml.gz
 Sitemapは、サイトマップファイルのアドレスを定義します。
 クローラは、Sitemapの情報からサイトをクロールして情報収集を行います。
 サイトマップのアドレスは、以下のいずれかを定義します。
 ・「http://サイトのアドレス/saitemap.xml」
 ・「http://サイトのアドレス/saitemap.xml.gz」
 ※gzは圧縮形式のファイルです。

登録手順

①または②でRobots.txtを作成する。

①テキストエディターでRobots.txtを作成する。

②SearchConsoleの「クロール→robots.txtテスター」をクリックするとrobots.txtが表示されます。
 表示されたrobots.txtを修正して、コピーペーストしてRobots.txtを作成する。

③作成したRobots.txtをFTPでサーバーへアップロードする。
 ルートディレクトリー直下へアップロードしてください。

④テスト
 SearchConsoleの「クロール→robots.txtテスター」をクリックする。
 アップロードしたrobots.txtが表示されます。
 ページの一番下にURLと「テスト」ボタンが表示されます。
 Disallowで定義したフォルダーやファイルをのURLを入力して「テスト」ボタンをクリックする。
 入力したURLの背景色が赤色になり、「テスト」ボタンが「ブロック済」と表示されればOKです。

⑤「送信」ボタンをクリックする。
 3 Googleに更新をリクエスト 「送信」ボタンをクリックする。

これで登録手続き完了です。


Page Speed Insights


サイトの表示スピードは、訪問者の利便性に大きな影響を与えます。

多くの訪問者は、表示速度の遅いページの閲覧を敬遠します。

Page Speed Insightsは、ページの表示スピードを評価するツールです。

サイト全体ではなく、ページ毎に分析を行いますので、ページ数の多いサイトは大変です。

「ウェブページのURLを入力」欄にURLを入力して、「分析」ボタンをクリックするだけで

Googleの分析結果と評価が詳細に表示されます。

分析結果によってページの表示スピードを改善する対策が詳細にわかります。

サーバや回線の処理なども評価結果に影響を与えるため、毎回同じ結果になるわけではないので

空いている時間帯でテストを行うのが良いと思います。

モバイルとPCの評価が可能で、近年スマホ利用者が急増しているため、モバイルの評価結果を重視して改善に取り組むことが必須となります。

Googleの検索順位にもモバイルの評価結果が重視されているようです。

当ブログでも利用していますが、評価を上げるのは結構大変だと実感しています。

以下のリンクから「Page Speed Insights」のページへ遷移することができます。

Page Speed Insights


SearchConsole/サイト登録手順


【Search Consoleへのサイト登録】
 
Search Consoleの登録の際、サイト所有権の確認を行うため
All in One SEO Pack(プラグイン)をインストールする必要があります。
 
プラグインのインストールは以下を参照してください。
 
 
 
Google Search ConsoleのURL
 
 
1.「プロパティーの追加」ボタンをクリックする。
 
  「プロパティーを追加」パネルが表示される。
 
2.サイトのURLを入力して、「追加」ボタンをクリックする。
 
  所有権確認パネルが表示される。
 
3.「別の方法」タブをクリックする。
 
4.「HTMLタグ」のラジオボタンをクリックする。
 
5.パネルにメッセージが表示される。
 
  (content=”?”の”で囲われた「?」の部分をコピーする)
 
  【表示されるメッセージの内容】
 
  1. 以下の meta タグをコピーして、サイトのホームページにある <head> セクション内の、
 
  最初の <body> セクションの前に貼り付けます。
 
  <meta name=”google-site-verification” content=”ここに表示された文字をコピーする” />
 
6.自サイトのダッシュボードを表示する。
 
7.コピーした文字をAll in One SEO Pack・一般設定・ウェブマスター承認・Google
  ウェブマスターツールの入力欄に張り付ける。
 
8.「設定を更新」ボタンをクリックする。
 
9.Search Consoleの所有権確認パネルの「確認」ボタンをクリックする。
 
  「所有権が確認されました。」と表示されれば、登録終了です。