ブルーライト対策/効果的な5つの対策その2


Sponsord Link

 

ブルーライト対策

3.ブルーライトカットシートを利用する。

テレビやPCのディスプレイを保護するシートに、ブルーライトを遮断する素材を使ったもので、使われている素材によって効果に差が出ます。

ディスプレイに貼るタイプとカバーを取り付けるタイプの2種類があります。

4.生活習慣の改善で対処する。

なるべくLEDディスプレイを見ないようにことが一番の対策ですが、無理な人も多いでしょう。

厚生労働省によると「VDT作業は継続して1時間を超えないようにすること、10~15分の休止時間をとること」とあります。

長時間継続してLEDディスプレイを見続けることは目に大きな負担となりますので、時々目を休めることを心掛けましょう。

仕事であればそうしたほうが集中力も保て、効率も上がると思います。

特に夜間は長時間LEDディスプレイに接すると、目の負担だけでなく睡眠の妨げとなり身体リズムに変調を与える要因となります。

小さいお子さんのいる家庭でも注意が必要です。

最近では小さいうちから携帯端末やゲーム機などのLEDディスプレイを見る機会が増えていますが、このような環境で何も対策をせずに育っていくと成人する頃には目の障害が出てきてもおかしくありません。

5.ブルーライトダメージ専用目薬を利用する。

ここまではブルーライトの影響を極力受けないための予防策を述べてまいりましたが、ブルーライトの影響で何らかの目の障害が発生している状況では、予防策だけでは不十分です。

ブルーライトの影響は、最初は視力低下が進み、目の疲れを感じはじめ、焦点ボケ、目の痛み、ケイレン、首や肩の凝り、頭痛など色々な症状が出てきます。

さらに悪化すると加齢黄斑変性や白内障など失明リスクの高い疾患となる可能性もあります。

我慢できないほどの痛みをともなうわけでないために、放置してしまいがちになりますが、早期に対処すれば健康な目を維持できます。

重症でなければブルーライト専用の目薬は効果が期待できます。

眼精疲労と角膜細胞の修復に効果があるようですが、自分の体験上では眼精疲労には効果がありました。

使い始めて数日で目の疲れが緩和されてきました。

目の疲れが緩和されただけで、目だけでなく体全体が楽になり集中力も出てきたように感じます。

角膜細胞の修復については何とも言えませんが、試しに使ってみた程度であまり期待していませんでしたので、期待以上に十分満足しています。

最近発売されている目薬のように価格が高くありませんので、PCなどのLEDディスプレイを長時間使用されている人は試してみる価値があります。

改善しないようであれば、早めに専門医に相談するべきでしょう。

まとめ

ブルーライトの影響は今後も確実に増加していくことが予想されます。

LEDの急速な普及によって、視力障害を起こす年齢層が低下しています。

今の子供たちは小さいうちからブルーライトにさらされる環境で育っていきますから、何も対策をしなければ20代、30代で影響が表面化してもおかしくありません。

視力障害を起こす前に予防策を講じることは、現代社会の環境下で生活する上で絶対に必要と言えます。

目は物を見るための唯一の機能で、生きていく上で欠かすことはできません。

目だけではありませんが、生涯を健康で過ごせるように心掛けましょう。

コマーシャルになりますが、私が使っている目薬はこれです。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です