ブルーライト対策/効果的な5つの対策その1


Sponsord Link

ブルーライト対策はブルーライトの光を目に入れないことが最善の対策ですが、ダメージを受けてしまった場合は少しでも早い対処が必要です。

私の場合、仕事でも私生活でも1日中PCのディスプレイを見ている生活環境のため視力が急速に悪化してしまいました。

その後、視力の低下だけでなく焦点がぼけたり、目のケイレン、痛み、などの症状が出てきました。

PCに長時間接しているのが原因だとはわかっていましたが、忙しさにかまけて放置してきました。

いつものようにネットの記事を見ていると、ブルーライトの記事が目にとまりました。

関連する記事をいろいろ読んでみると、ブルーライトの影響を受けやすい生活習慣や症状が、私の生活習慣や目の症状と酷似していたため、ブルーライトによるものだと確信しました。

最近になってLEDディスプレイを利用する機器が急速に普及してきました。

テレビ、PC、スマートフォンなどの携帯端末、ゲーム機、LED照明などです。

仕事や日々の生活で触れる機会が多いものばかりで、現代人は過去の例がないほど目を酷使する環境に置かれています。

これらの機器からは大量のブルーライトが放出され、ブルーライトの影響が原因で失明する人が急増していることを知り、ブルーライト対策を始めるきっかけとなりました。

現代の生活ではブルーライトの影響をまったく受けずに生活することは困難ですが、ブルーライトの影響を軽減する対策を行うことで、健康な目を維持することができます。

最も効果的な対策は、ブルーライトの光を目に入れないことです。

ブルーライト対策

1.LEDディスプレイの設定でブルーライトの放射量を減少させる

①テレビ、PCディスプレイの設定を変更する。

テレビやPCは、輝度とコントラストの設定によって目の負担を軽減することができます。

輝度を低く(暗く)、コントラストは青色の減少させる設定してみましょう。

コントラストは青色だけでなく他の色も調整することで色のバランスが取れて見やすくなります。

光量が減少して目の負担が軽減されますが、色が薄くなる分鮮明さは落ちます。

ディスプレイの設定を変更するだけですので、お金もかからず、すぐに対処可能な方法です。

2.ブルーライトカットメガネを利用する。

ブルーライトカットメガネは、光が目に入る直前でブルーライトを遮断するため、メガネひとつで機器や場所を選ばずブルーライト対策が可能になります。

多品種のメガネが販売されていますが、ブルーライト対策を目的とするならば機能重視で選ぶことが賢明です。

ブルーライトカットメガネを選ぶポイント

①ブルーライトカット率が高いものを選ぶこと、これが明記されていないものは効果や成分が表示されていない薬を買うのと同じです。以外に多いので、良く確認してください。

②ブルーライトは380nm~500nmの可視光線の中でも最も波長の短い電磁波ですが、その中でも特に420nm以下の波長の光が目に強い影響を及ぼしますので、メガネ選びの際に考慮すべきです。

色やデザインは自分好みで選べば良いでしょう。

ブルーライトカットメガネは、メガネひとつで場所や機器を選ばない利便性とブルーライトを90%以上カットできる高機能なものもありますので、おすすめです。

Sponsored Link

『ULTRA GUARD ウルトラガード』UV・ブルーライト カットめがね【東海光学】紫外線UV ルテイン保護 青色光(Blue−light) 近赤外線 対策 防止


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です